HOME > INTERVIEW > ほんの少しのアイデアで、すてきにリメイク とよた真帆さんインタビュー
INTERVIEW

ほんの少しのアイデアで、すてきにリメイク  とよた真帆さんインタビュー

モデルから女優へと転身されるという華麗なキャリアをもつとよた真帆さんは、美しいうえに知的でおしゃれなとてもカッコいい女性のイメージでした。初めてお会いしてみるととてもフレンドリーで明るく、一緒にいるだけでその場を楽しくさせてしまうハッピーなオーラを放つステキな方でした。今回は、暮らしを楽しむ達人でもあるとよたさんに手作りの魅力をいろいろと伺いました。皆さんにとってもヒントになるお話が満載のインタビューをお楽しみください。

編集部 はじめまして、こんにちは。いつもブログを拝見していて、たくさんの情報をいただいていました。今日はとよたさんからHPをご覧いただいている皆さんのヒントになるようなお話を伺えたら、と思っています。よろしくお願いいたします。まずはもの作りやリメイクなど、手作りをするようになったきっかけは何でしたか?

とよたさん 図画工作が大好きな子供だったので、暇さえあれば図工室にいました。子供だからどうやって使うか分からない機械も適当に使ってやっていて、まずものを作ることが大好きだったんです。授業でこれを作りましょうと言われても、「そうじゃなくってもうちょっとこれをこうして、こういうものを作りたいんだけど」とか言う子供だったんです。アイデアを出すのが好きなタイプで、先生に手伝ってもらいながらちょっと違った感じのものを作ったりするのが子供の頃から好きでした。

編集部 本当に小さなときから今みたいにもの作りに興味があったのですね。手芸の思い出もありますか?

とよたさん マフラーとかも作ったりしていたし、学生のときにはカバンの他にもうひとつ巾着を持つのが流行ったので、すぐに手芸用品屋さんで買って皆でギンガムチェックの布で作ったりしていましたね。本当はいけないんだけど学生カバンにワッペンを付けちゃったりもしていました。一度学生カバンがあまりに重いから自分でショルダーバックの金具を付けて、斜め掛けしてたら先生に見つかってすごく怒られたりもしました。


編集部 いまは、たくさんのお仕事をされていて、ご家庭のこともまめにこなされていて、とてもお忙しいと思うのですが、どんなときに手作りをされていらっしゃいますか?

とよたさん 面白いことに、忙しいときに限って作りたくなります。私の中ではリフレッシュとか気分転換みたいなもので、ほとんど趣味以外のなにものでもないから楽しいんです。これがデザインのお仕事とかになると真剣になるし、重い感じが含まれてきて、どんなものが皆さんに受けてどれくらい売れるものかな、どういう風に作ればいいんだろうとかって思うけど、手作りはただの趣味ですから。あまりにも忙しいときに限って、材料が気軽に取り出せる箱に入っているものだから、あの服に合うピアスが無いなと思うとすぐに作ったりとかして、それが楽しかったりするんです。この羽(*東急ハンズで100円程度で購入されていました)にビーズをつけてピアスを作って、片方だけ下げたりしよう、例えば赤いTシャツ着たいんだけど、っていう前の日の夜中にちょこちょこっと作ったりします。材料は、ユザワヤやオカダヤや東急ハンズなどに気が向いたときにぷらーっと行って買っています。


大きな籠に入った手作り用の材料をひとつひとつ見せていただきました。お菓子などいただいたものの空き箱を使って、糸、ビーズ、アクセサリーのパーツ、端切れなどなど細かいものを大切にとっていることに驚いてしまいました。値札のついているパーツも皆、数百円という手軽に購入できるものばかりでした・・・。興味津々な私たちは、とよたさんにお持ちいただいたものを教えていただきました。

編集部 これは全部何かの空き箱で、いらなくなったアクセサリーのパーツまで大切とってあるんですね。

とよたさん 昭和5年生まれで、80歳になる母の影響もあると思います。もったいない系の教育がすごく強くしみついています。ひとつのものをそのまま捨てるんじゃなくて、2度3度使うっていうのが当たり前だったんですね。古くなったTシャツとかをリメイクして着られたら着て、それも駄目だったら切って雑巾にして最後まで使い切るのが日常的になっています。改めて買うものもそんなに無くて、これはソースの瓶で、蓋に貝殻をつけました。ピンセットで小さなパーツをセメダインで付けて、5分でできました。私は絵をコラージュするようなものを作っているので、そのときに使うパーツも紙粘土で作ってこの中に入れています。だから瓶のボディに字が書いてあったりすると、使えないじゃない、残念って思ったりします(笑)。

デニムとかの端切れがよく付いてきますが、そのままにしちゃうじゃないですか、だからクリーニング屋さんでもらうワイヤーのハンガーに巻きつけてみると、縫ったりする手間もないし、短いものを途中で結ぶとアクセントにもなってその方がほうがかわいらしくなったりします。グラデーションになっている太い毛糸なんかでもやっているのですが、とてもかわいいですよ。売り物できれいなリボンで織っている物がありますが、私にはちょっと敷居が高くて、あそこまで作るのも難しいから、わざと下手っぽくというか、それを味にしちゃおうという感じです。

これはおちょこをいただいたときの空き箱です。蓋に貝殻を付けてみました。これは5秒でできました(笑)。もう少し付けようかなと思ったけど、引きで見ると1個だけの方が絶対かわいい、中には貝殻を入れていますが、これも絵のときに使います。小さなお子さんでもできるものだし、それこそ自分で海で拾った貝殻とかは夏休みの思い出で、ただそのままでとっておくといつか無くなっちゃうけど、形にすると残りますよね。

リメイクしたネックレスは、本当はとても長くて重くて、肩が凝ってしまうくらいの重さだったので、諦めてえーい! と思って短くしてみました。飽きてしまったアクセサリーの金具も全部とっておいて使います。全部利用できるので。

黒いカバンは、安い洋服屋さんに飾ってあって、グレーも売ってたんですよ。それで見て1日通り過ぎたの。よしグレーを買おうと思って次の日行ったら、グレーが売れてたの。それで、えっ! て言って値段を見たら4,900円とかそれぐらいの値段で。なんだ前の日に値段聞いておけばよかった、大人買いすればよかったと思いましたが、結果黒の方がベスト。それで買って帰ってきてどうしよう、なんかかわいくしたいなと思って色々付けてみましたっていうようなことが好きかも。このジュエルクリップは、ちっちゃいものもあって。それこそ2000円とかくらいなので夏の間は、カバンに付けて持つ。例えばシンプルで履きやすくて歩きやすい靴ってかわいくなかったりするじゃないですか。ウォーキングシューズみたいなものにも、パチっと付けたりパンプスの横に付けたり帽子や手帳とかでもかわいいし。ちょっと何か変える。こういう系(ジュエルクリップのようなもの)をたくさん付けてますね。


先日はお店でステキなフェイクパールの何連ものネックレスを見つけたそうです。手に取るととっても高価なものだったので元に戻して(笑)、お友達に話すと、10分の1くらいの材料費で出来ることが判明したので、一緒に作ろうと相談しているそうです。


編集部 最後にこれから手作りやリメイクに挑戦してみようかなと思っている方にメッセージをお願いします。

とよたさん 手作りするのは、最初は私もやりすぎが多かったんです。なんか付けちゃえとか、わ~っとかやっているうちに、あれ? かわいくないんだけど・・・ってことがあるから、控えめな感じがいいかもしれないですね。足らないかな? ぐらいの。素朴な感じっていうのがポイントでしょうか。そう、私はきっと素朴なものが好きだからですね。手作りは気晴らしになるから楽しいし、何でも無駄なものがなくて、壊れたネックレスも全部とっておいたが方がいいと思うんです。ものを捨てる前に"なんか絶対にかわいくなる"って思ってほしいですね。


インタビューの間にクリーニング屋さんのハンガーにデニムの端切れをくるくると巻きつけて、かわいくておしゃれなハンガーに変身させたとよたさん。毎日の生活の中にもちょっと手間とセンスを加えるだけで、オリジナリティが増してグレードアップするものがたくさんあります。ぜひ皆さんも実践してみてくださいね。惜しみなくお話をしてくださったとよたさん、楽しいお時間を本当にどうもありがとうございました。

PROFILE

とよた真帆(とよたまほ)

1967年東京都生まれ。血液型A型。学習院女子高等科在学中にモデルの仕事をはじめ、 1986年アニエスbのモデルとしてパリコレクション等に出演。その後女優に転身し、1989年CX系「愛しあってるかい!」でデビュー。以降、多数のドラマや映画、CM、舞台に出演し、情報系の番組のMCやナレーションも務める。また、そのファッションセンスの高さから多くのファッション雑誌の表紙を飾ったり、写真や絵画の個展の開催、京友禅の絵師として着物のデザインも手掛けている。暮らしのアイデア本「とよた真帆のインテリア・ライフ」(講談社)を出版するなど趣味の域を超えた幅広い活動を展開。現在、ベルギー ワロン・ブリュッセルの観光大使を務める。7月からはNHK「あさイチ」のレギュラー出演も開始。

(2010年6月現在)
*とよた真帆さんのオフィシャルブログ<Mahomaho> http://ameblo.jp/maho-toyota/ には楽しい情報が満載です。

ほんの少しのアイデアで、すてきにリメイク  とよた真帆さんインタビュー