HOME > NEWS & TOPICS > 2010年5月

NEWS&TOPICS

2010年5月記事一覧

京都から手芸用品・その1
2010.05.31

京都から手芸用品・その1

三条本家みすや針の針です。創業350年以上の老舗でご存知の方も多いと思います。”針は小さな刃物。刀と同じように鉄を鍛えて作ります。”とおっしゃっているところに、品物の良さを感じます。縫うときに抵抗がないのが特徴です。本当に針は荷物にならない良質の京都土産ですね。

みすや http://www.misuyabari.jp/

TOLBIAC奥山さんからの新作情報です
2010.05.30

TOLBIAC奥山さんからの新作情報です

5月のはじめにヴィンテージの生地を探すためにロンドンに旅していらしたTOLBIACの奥山千晴さんから新作バッグのお写真が届きました。おとぎの国のように美しいコッツウォルズを訪れて素敵な生地をたくさん見つけられたそうですよ。早速その生地を使ってバッグを作られたそうです。写真では分かりにくいかもしれませんが、生地の柄に沿ってキルトされているとても手の込んだ作品です。今回の旅ではステキな生地との出会いやV&Aミュージアムのキルト展にも行かれて、とても刺激を受けられたとのこと。更なる新作も楽しみですね。皆さんも手芸作家さんのページから奥山さんのHPにもぜひぜひ訪れてみてくださいね。

◎新しいニット作家 間下晶子さんが加わりました
2010.05.29

◎新しいニット作家 間下晶子さんが加わりました

ニットのバックを中心に発表されている作家さん・間下晶子(ましたあきこ)さんが、手芸作家ページhttp://www.shugei.or.jp/sakka/ アップされましたのでご覧くださいませ。間下さんの作品は色づかいが美しくフォルムもかわいらしくて大好きです。これはバックの拡大画像で、編地はマクラメの巻き結びで間にくるみボタンが通してある非常に凝った作品です。

英国のファブリック
2010.05.28

英国のファブリック

約20年前に買ったファブリックです。英国人デザイナーTricia Guild(トリシア・ギルド)さんのもので、いかにも英国チックなデザインが気に入っています。自然や花などをモチーフにしたファブリックが多く、独特の色彩、創造性や革新性が国際的にも高く評価されていて、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にも展示されているそうです。全く古さを感じない色、柄に見ているだけでハッピーになります。

◎新しいフェルト作家 saekoさんが加わりました
2010.05.27

◎新しいフェルト作家 saekoさんが加わりました

手芸作家さんのページに+saeko+さんの作品がアップされました。とーってもやさしくてきれいな色がsaekoさんの作品の魅力です。直接手に取るとその暖かい手触りと、すばらしい色あわせに驚いてしまいます。ちなみに+saeko+さんのアトリエもとってもステキなんですよ。皆さんもぜひ+saeko+さんのHPも訪れてくださいね。

マリメッコの生地を買いました
2010.05.26

マリメッコの生地を買いました

マリメッコ銀座店で2種類の生地を買いました。これで夏向けのクッションカバーを作ります。この生地はどちらもAino-Maija Metsola(アイノ・マイヤ・メトソラ)さんのデザインです。水彩画のような美しい色とタッチが独特で、マリメッコでも注目の若きデザイナーさんです。いつかフィンランドに行ってマリメッコでたくさん生地を買い込んできたいなぁと思っています。

スクラップブックを作っています
2010.05.25

スクラップブックを作っています

雑誌などで見つけたかわいいマテリアルや写真などを切り抜いてスクラップブックを作っています。ちょっとした小物を作るときに素材選びのヒントにしたり、時々形を真似て簡単な小物を作ったりもしています。表紙はどちらもアンティークのぬいぐるみやおもちゃの写真です。

上海からシノワズリ雑貨・その1
2010.05.24

上海からシノワズリ雑貨・その1

厳選された素材とパーツを使った小物で有名な「Nanfan Shanghai」の名刺入れとアドレス帳です。光沢のある中華文様のテキスタイルに刺繍、そして古い小判のパーツがあしらわれています。こちらは色鮮やかな色彩の小物が多くついつい集めてしまいます。いま万博で盛り上がっている上海の三越にも出店されています。

◎新しい作家 buanobi福島悦子さんが加わりました
2010.05.23

◎新しい作家 buanobi福島悦子さんが加わりました

タイのテキスタイルを使って小物を作る作家さん・福島悦子さんが、手芸作家ページhttp://shugei.or.jp/sakka/ に加わりました。タイが大好きで年に何度も訪れていらっしゃるそうです。華やかな色のテキスタイルに刺繍をあしらった素敵な作品を発表されています。またまた素晴らしい作家さんをご紹介できて嬉しいです。

みんな大好きガーリーデザインの作家さん
2010.05.22

みんな大好きガーリーデザインの作家さん

大人も大好きなガーリー作品を発表している手芸作家・高際有希さんとお会いしました。作品を直接見せていただき、私たちはあまりのかわいらしさに大騒ぎ・・・この作品を作りたい!と思う方がたくさんいらっしゃると思うので、今後お教室をしていただくようお願いしました。ご期待ください。高際有希望さんのブログは、こちらhttp://blog.chiot-r.com/ です。

お気に入りのテキスタイル
2010.05.21

お気に入りのテキスタイル

先日ホビーショーに行ったときに見つけた色鮮やかなテキスタイルです。モチーフはかわいらしいのに大人っぽく新しい感じのデザインで、見ているだけでワクワクします。ロンドンのピーター・ジョンズにでもありそうな英国製かと思っていたら、なんとテキサス州ダラスのアレキサンダー・ヘンリーhttp://www.ahfabrics.com/ というデザイナーのテキスタイルでした。この方のデザインは、日本のアニメ風、モダン、古典的なものまで様々です。

かわいい木綿糸
2010.05.20

かわいい木綿糸

ただの木綿糸なのですが、なんとなく形がかわいいので、使わないかもしれない色までつい、揃えてしまいます。こんなかわいい糸がお裁縫箱に入っているだけで気分が明るくなります。いろんな色を並べてしまっておいて、開けたときに自己満足しています(笑)。

便利な空き缶たち
2010.05.19

便利な空き缶たち

同じく蚤の市に行ったときには、昔のお菓子の缶や瓶などを買ってきたりもします。日本ではもうあまり缶に入った食べ物は見なくなりましたね。これらの缶は、古いものなので少し錆びたりもしていますが、小さいのに案外深さがあってとても便利なものです。この二つの缶はどちらもお裁縫箱にして糸や針やビーズなどを整理して入れています。
 

子供のアンティーク・ボタン
2010.05.18

子供のアンティーク・ボタン

 ロンドンやパリの蚤の市に行ったときに、昔の子供服や制服などについていたというかわいいボタンをたくさん買ったりします。イニシャルや模様がついていてとってもオシャレです。そして子供用なのでとっても小さくて愛くるしいんですよ。ちょっとした小物を作ったときにアクセントの飾りとして使ったりすることが多いですが、それでも使い切れないくらいたくさんコレクションしています。


ハンガリー手芸小物・その2
2010.05.17

ハンガリー手芸小物・その2

ブダペストに行ったときに買ったポーチです。こげ茶色のフェルトに柄を切り抜いたベージュのフェルトが重ね縫いされています。色合いがシックなことと硬いフェルトなので、どんなに物を入れても型崩れしない優れものでとってもお気に入りです。

ハンガリー手芸小物・その1
2010.05.16

ハンガリー手芸小物・その1

 ハンガリー刺繍で有名なハンガリーには、かわいらしい手芸小物がたくさんあります。この真っ赤なお花のフェルトのクッションモチーフは、壁飾りらしいのですが、針山にして使っています。掌に乗るくらいのとても小さなサイズなので、短い針を刺しておくのにちょうどいいんですよ。お裁縫箱の中でもぱっと目立ちます。ちょっと真似して自分でも作ってみたくなります。

サンタフェで見つけた糸の色見本
2010.05.15

サンタフェで見つけた糸の色見本

アメリカのサンタフェは、インディアンの居住区があるので、ネイティブアメリカン文化が色濃く残っていたり、世界各国の様々なアーティストが移住している、とてもアーティでステキな場所です。そこで額装された糸の見本を見つけました。すべて植物や野菜などから染められた毛糸は、とってもナチュラルでやさしい仕上がりです。

◎新しいフェルト作家 羊毛倉庫・鈴木千晶さんが加わりました
2010.05.14

◎新しいフェルト作家 羊毛倉庫・鈴木千晶さんが加わりました

羊毛フェルト作家の羊毛倉庫・鈴木千晶さんが手芸作家ページhttp://www.shugei.or.jp/sakka/ にアップされましたので、ぜひご覧ください。羊毛倉庫さんは、ディテールにこだわったオンリー・ワンの世界を表現されている作家さんです。また一人ステキな作家さんをご紹介できて、スタッフ一同とっても嬉しいです。
手作りの陶器
2010.05.13

手作りの陶器

左は先輩からいただいた手作りの陶器です。小さなものを入れてディスプレイすると、とてもかわいいです。こげ茶色に染められたら器ですが、内側は乾いた土の色をしていて、そのコントラストがとてもきれいです。右はモロッコでみつけたやしの実の器です。やしの実に藁を縫い付けて模様を作っているという凝った作りです。

ミニチュア本箱
2010.05.12

ミニチュア本箱

この本箱は実はミニチュアで官製はがきよりも小さいものです。ベルリンの雑貨屋で見つけましたが、新聞や雑誌が本物みたいに精巧に作られていて、しっかりと作られた木の本棚に固定されています。写真を拡大してみてもなかなかミニチュアだとは気づかれない出来栄えでオドロキです。

ミッフィー展に行きました
2010.05.11

ミッフィー展に行きました

銀座の松屋で開催されていたミッフィー展に行ってきました。ミッフィーちゃんは、鮮やかな色彩に単純化された大胆なデザインで、そのクオリティの高さで大人のハートもつかんでいるすごい存在です。ディック・ブルーナさんのすばらしいイラストの数々を堪能した後にショップに立ち寄ると、どれもこれも欲しくてたまらなくなりますね。

OZONEクラフトマーケット2010に行きました
2010.05.10

OZONEクラフトマーケット2010に行きました

4月9日~5月9日まで新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONEにて開催されていたクラフトマーケット2010に行ってきました。buanobi 福島悦子さんの作品http://www.buanobi.com/ を直接拝見し、テキスタイルの色の美しさに感動しました。タイが大のお気に入りだという福島さんの作品はどれもみな鮮やかな色彩で織り成された小物ばかりです。ほかにもアフリカの生地で作った小物や羊毛で作ったおしゃれなバッグなどなど、たくさんの作家さんたちのショップを見て回りとっても楽しいひとときでした。

日本ホビーショーに行きました
2010.05.09

日本ホビーショーに行きました

5月6日~8日まで東京ビックサイトで日本ホビーショーが開催されていました。多くの来場者で活気あふれる会場でした。手芸をはじめ様々な出展を楽しく見て回っているうちに時間のたつのも忘れてしまうほどでした。欲しいものだらけのショップでは、かわいいチロリアンテープや輸入テキスタイルなどを買いました。また会場では、ニットスタジオ"Ha-Na" の萩原直美さんhttp://knitstudio-hana.com/や、ネリー・ルビナのせばたやすこさんhttp://how-many-knots.jp/にもお会いできて充実した時間でした。皆さんもお二人のHPでステキな作品をご覧くださいね。

マリメッコシリーズ
2010.05.08

マリメッコシリーズ

協会にはたくさんのマリメッコグッズがありますが、カップもいろいろ揃っています。シンプルでも大胆で、大人っぽいかわいらしさがあって、どれも皆お気に入りです。

エスカ(デンマーク刺繍の小箱)をいただきました。
2010.05.07

エスカ(デンマーク刺繍の小箱)をいただきました。

お友達からかわいらしいお花の刺繍のついた小さな箱をいただきました。デンマークでは刺繍をした箱のことをエスカというそうです。身近な小物を整理するのにとても便利なので大切にしています。

協会の事務所をご紹介します・その5
2010.05.06

協会の事務所をご紹介します・その5

洗面所には大好きな画家・金子國義さんのポストカードをディスプレイしています。陶器に飾る植物は季節ごとに中身を変えています。ここには真っ白い子やぎや陶器でできた白い花もいくつか飾っています。

協会の事務所をご紹介します・その4
2010.05.05

協会の事務所をご紹介します・その4

フランスの二人組アーティストPierre&Gill の大ファンです。来日した際にいただいた思い出のサインを額装して大切にしています。隣にはワイヤーで出来た小さなトナカイのオーナメントが置かれています。

協会の事務所をご紹介します・その3
2010.05.04

協会の事務所をご紹介します・その3

小さくて見えないかもしれませんが、ソファーのクッションの隣りには、小さな子ひつじのぬいぐるみが座っています。とても肌触りがいいんですよ。なでているだけで癒されます。お客様がいらしたときにもこちらに座っていただきます。

協会の事務所をご紹介します・その2
2010.05.03

協会の事務所をご紹介します・その2

キッチンの一角にワイヤーの椅子を置いています。普段はディスプレイをしていますが、時々お茶を飲みながらここで休んだりもします。

ファビュラス!バーカー ドールズ展に行きました・その4
2010.05.02

ファビュラス!バーカー ドールズ展に行きました・その4

こちらは羊毛倉庫さんが、映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムス』の登場人物を再現したお人形です。実物をお見せできないのが残念!最高にかっこいいポージングで思わずうっとり!コレクターズアイテム間違いなしの作品でした。皆さんもぜひ羊毛倉庫さんのHPを訪れてみてください。http://yomo.xii.jp/ いつかrautaさんや羊毛倉庫さんにもぜひ手芸協会でお教室を開いていただけると嬉しいです。

ファビュラス!バーカー ドールズ展に行きました・その3
2010.05.02

ファビュラス!バーカー ドールズ展に行きました・その3

こちらは羊毛倉庫さんのディスプレイです。不思議な国のアリスの登場人物たちが精巧なお人形になっていて、まるで絵本から飛び出してきたかのような圧倒的なリアリティに驚きました!すべてのお人形さんが羊毛倉庫さんのオリジナルの衣装を身につけていて、その質感や色合い・・・デザインすべてがとても魅力的で夢中になってしまいました! 

1  2