HOME > NEWS & TOPICS > 2011年6月

NEWS&TOPICS

2011年6月記事一覧

雑誌Love♪
2011.06.30

雑誌Love♪

カゴバックに切りっぱなしの太いリボンをはさんでいるだけの装飾ですが、ナイスアイデア! に感心しました。最近このタイプのカゴバックを良く見掛けますね。これから夏本番にむけて出番が増えそうです。皆さま、暑い暑い夏が始まりましたがご自愛下さいね。

リリュルさんのお教室★お待ちしています
2011.06.29

リリュルさんのお教室★お待ちしています

おとなガーリーな世界観をもつリリュルさんのフェルト刺繍です。今週土曜日7月2日から始まる2回コースのお教室ではバンビちゃんを作ります。若干お席をご用意できますので、ご興味のある方はぜひご参加下さいませ。作家のリリュルさんはとっても気さくでずっとお話していたくなるような方で、1度お会いするとファンになってしまいますよ~。それはさておき、お教室の詳細・お申込みはトップページの<フェルト>からご覧いただけます。

松濤のアジサイ
2011.06.28

松濤のアジサイ

日本手芸協会・渋谷松濤教室の近くで見掛けた満開のアジサイです。どの花弁も形良くきれいに咲いている時で、枯れ始める一歩手前のような・・・。藍色と紫色の中間の和な色彩に地味派手なアジサイは、この時期のお楽しみです。アジサイをモチーフにスタンプ刺繍なんて、かわいいかもしれませんね。

太田有紀さんの新手法「ニードルハンドフェルト」いかがでしたか?
2011.06.27

太田有紀さんの新手法「ニードルハンドフェルト」いかがでしたか?

簡単かつきれいに仕上がる新手法『ニードルハンドフェルト』のお教室がありました。水フェルトの大変さをご存知の生徒さんからは、「この手法なら擦り作業が楽だけど固く仕上がるからいいです。」というお声をいただきました。DURAREXのグラスに合わせたカバーでホット、アイスどちらの飲み物にも使える愛着の雑貨を作りました。同じ新手法の次のレッスンは型紙の作り方から学んでいただけるお教室で、デジカメや携帯電話などお好きな物を入れられるケースを作ります。皆さまのご参加お待ちしています。詳細・お申込みはトップページの<フェルト>からご覧下さい。

SINCOさんのアトリエに伺いました
2011.06.26

SINCOさんのアトリエに伺いました

フリースドックのパイオニア・SINCOさんのアトリエに伺いました。かわいいワンコちゃん達に囲まれて、そしてSINCOさんのお人柄に触れ大変幸せな時間でした。10センチくらいから20センチ以上の子までサイズも種類も様々で、SINCOさんの商標登録『フリースドック』の通り、ふわふわしていて空気のように軽く表面は滑らか、思わずなでてしまいます。8月27日(土)の1dayワークショップではチビ柴犬を作ります。普段はワークショップをされないSINCOさんですので、この機会に『フリースドック』オリジナルメソッドを学んでみませんか? 詳細・お申込みはトップページ<フェルト>からご覧下さいね。

ちっちゃなパリになっています
2011.06.25

ちっちゃなパリになっています

日本手芸協会・渋谷松濤教室のお隣bunkamuraでは、パリの街角のような「ドゥ マゴ パリ祭」が開催されています。みんな大好きラ・ドログリーさんやトワスールさん、プロヴァンス雑貨・陶器、アクセサリー小物、そして食のお店がオープンスペースで出店されています。26日(日)まで開催されていますので、週末お出掛けされるのも楽しいと思います。詳しくはこちら。http://www.bunkamura.co.jp/shosai/topics_11_parisai.html

poppetさんの半立体のブローチnewバージョン
2011.06.24

poppetさんの半立体のブローチnewバージョン

poppetさんの雑貨シリーズのお教室「動物の半立体ブローチ」ニューバージョンを作りました。poppetさんの30種類以上の生地コレクションからお選びいただき、ボディ部分にのせて仕上げましたので、更におしゃれ度がアップされた作品になりました。毎回毎回、こだわりの素材をお持ちいただくpoppetさんです。ご参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

フェルト作家・鶴田奈美さんの作品掲載BOOK  
2011.06.23

フェルト作家・鶴田奈美さんの作品掲載BOOK  

フェルト作家の鶴田奈美さんの作品が、河出書房新社より刊行された「羊毛フェルトのマスコットCOLLECTION Vol.3」に掲載されています。鶴田さんの作品”はりねずみ、気球に乗る”のレシピをはじめ、こちらの書籍はハマナカさん主催の羊毛フェルト公募展に集まった作品がたくさん載っているそうです。毎年行われている公募展ですので、羊毛フェルト作品を作られている方はどんどん応募してみると楽しいと思います、と鶴田さんもおっしゃっています。とってもかわいい作品がレシピとともに掲載されているこちらのご本、ぜひご覧下さいね。

NY土産のポプリ
2011.06.22

NY土産のポプリ

いただいたポプリの色彩が美しいので画像に納めました。見た目はボタニカルアートのようで、自然と人工のちょうど中間のような色合いと形状が良く1つ1つのパーツが大きめのポプリがお気に入りです。こういうお土産はいくつ頂いても嬉しいものですね。

大好きなマリメッコの茶器
2011.06.21

大好きなマリメッコの茶器

冷たいお茶用に向いているかなと思い購入したマリメッコの急須と湯呑です。特に急須の白木の取っ手に一目ぼれしました。毎回毎回同じところで感動していますが、斬新でシンプルなのに飽きのこない不変の定番にぞっこんLoveです。

胡蝶蘭について・・・
2011.06.20

胡蝶蘭について・・・

お教室に届いた胡蝶蘭です・・・日本手芸協会の設立を知った友人からのありがたい贈り物です。が、私たちの渋谷松濤教室には不似合いなお花のような・・・(ごめんなさい)。ということで胡蝶蘭について調べてみました。花弁がチョウチョに似ていることから胡蝶蘭と名付けられ、着生植物といって、土に根は生えずに他の木や岩盤に根を張って生きている植物だそうです。この気高さゆえ納得です。

IZOOMI西澤泉さんのお教室では
2011.06.19

IZOOMI西澤泉さんのお教室では

ポップなフェルトのブローチを作りました。IZOOMIさんはたくさんの美しくほれぼれする色のフェルトをディスプレイして下さいました。そこからお好きな色を選ぶ楽しさは、お教室にご参加いただくメリットのひとつだと思います。他には、水フェルトで出来やすいシワの伸ばし方や、ニードルで刺し固める時の支える指の使い方等々、本では分からない部分を学んでいただけることもメリットです。フェルト作家さん達に人気の三大フェルト店は、アナンダさん・染めTAKEさん・金の羊さんですが、IZOOMIさんもこちらから購入されているそうですよ。日本手芸協会でお教室をしていただいている作家さん達は、みんなこのように多くの素材をご用意下さいます。昨日は生徒さんからレッスン後に「良い一日になりました!」と大変嬉しいお声をいただきました。どうもありがとうございます♪

ボタニカルアート展に行きました
2011.06.18

ボタニカルアート展に行きました

ボタニカルアート(植物精密画)の金字塔「バラ図鑑」で有名な花の画家・ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの展示会に行きました。優美で繊細な独特の世界に、伝統&正統な美しさを堪能しました。忠実な描写により本物の植物よりも凌駕する美しさを感じることが出来ます。「ルドゥーテ展」Bunkamura ザ・ミュージアム(日本手芸協会・渋谷松濤教室のお隣です) TEL 03-3477-9413 7月3日(日)まで。 詳細はこちらをご覧下さい。http://www.bunkamura.co.jp/museum/index.html

SINCOさんのお教室がいよいよ始まります!
2011.06.17

SINCOさんのお教室がいよいよ始まります!

フリースドック(羊毛フェルトで犬を作るSINCOさんのオリジナルレシピ)のお教室が始まります。普段は1dayワークショップをされていないSINCOさんですので、ご興味をお持ちの皆さま、ぜひぜひ! こちらでは基礎レシピを学んでいただけますので、ご自宅では応用してお好きな犬をお作りになってみて下さいね。TV番組「和風総本家」の愛くるしいチビ柴犬の豆助くんってご存知ですか? 作品のイメージはこの豆助くんだそうです♪ 詳細・お申込みはトップページの<フェルト>からご覧下さい。

◎羊毛フェルト作家Brown Bettyさんが加わりました
2011.06.16

◎羊毛フェルト作家Brown Bettyさんが加わりました

素朴で温かみのある羊毛フェルト作品を発表されているBrown Bettyさんが作家さんページに加わりました。英国がお好きだというBrown Bettyさん、どこか英国のテイストを感じる作品も多く、優しくて柔らかく温かい作品ばかりです。展示会でBrown Bettyさんと作品たちにお会いした時、作品には作家さんご本人が投影されるんだなぁと強く感じたことを憶えています。ぜひ、皆さまに直に触れてご覧いただきたいです。

スウェーデン大使館のインテリア
2011.06.15

スウェーデン大使館のインテリア

資料をいただきに伺ったスウェーデン大使館のエントランスです。扉を開けた途端にスウェーデンテイストに溢れていてウットリしてしまいました。温かさとクールさのバランスが心地良く何時間でもたたずんでいたい、そんな空間でした。

ドールワールドフェスティバルに行きました・その3
2011.06.14

ドールワールドフェスティバルに行きました・その3

ぬいぐるみ作家noconocoさんのひつじちゃんです。noconocoさんのぬいぐるみ達は上質な素材が使われているので肌触りが抜群良く、パンダちゃんは山羊モヘアだし、こちらのひつじちゃんはベルベットだそうです。ウォンバットや産まれたての足がくたくたな馬などなど題材もユニークです。抱っこしていると連れて帰りたくなる愛らしいぬいぐるみ達でした。

ドールワールドフェスティバルに行きました・その2
2011.06.13

ドールワールドフェスティバルに行きました・その2

フェルメールの世界を表現されている羊毛倉庫さんのお人形です。着眼点や精密さに改めて羊毛倉庫さんの素晴らしさを痛感しました。しゃもじに石器のボール、カゴに玉子とパン、とてもリアルで臨場感があふれていました。豊富なアイデアでクオリティーの高いお人形を創作しつづける羊毛倉庫さんに脱帽です。

ドールワールドフェスティバルに行きました・その1
2011.06.12

ドールワールドフェスティバルに行きました・その1

クレイドール作家Mamaruさんの洗練された世界に感動です。クレイをメインに異素材のフェルトや生地を合わせて作られた作品も多く、どれもかわいくてセンスの良さが光っていました。小さなシマリスやミーアキャット達は開幕3時間後にお伺いした時にはほとんど売れてしまっていましたよ~。見た目は完全に自然素材のこちらのカゴはなんと3~4センチのミニチュアで、クレイの底にフラワーワイヤーを付けて着色して編みあげたそうです。Mamaruさんの作品をご覧いただけるブログはこちら http://soranokobako.blog.so-net.ne.jp/

【北欧の物語シリーズ】第一弾は残席わずかとなりました!!
2011.06.11

【北欧の物語シリーズ】第一弾は残席わずかとなりました!!

poppetさんの羊毛フェルトで作るお人形【北欧の物語シリーズ】第一弾のお教室は、おかげさまで残席わずかとなりました。羊毛フェルトが初心者の方も安心してご参加いただけますが、もうちょっと気軽な作品をお作りになりたいという方には【半立体の動物ブローチ】のお教室がお勧めです。新作アイテムのカメ、てんとう虫、かたつむりにお使いいただく生地はpoppetさんの選りすぐりのコレクション10種類以上からお選びいただきます。今回限りの貴重な生地もお持ち下さるそうです。ご興味のある方は急いでお申込み下さいね。http://shugei.or.jp/kyoshitsu/felt.html 日本手芸協会でお預かりしている北欧からやって来た男の子V君が退屈そうにしていたので松濤の住宅街をお散歩させてあげました。

白黒そして赤
2011.06.10

白黒そして赤

白と黒は定番のコンビネーションカラーですね。特に黒髪の東洋人には似合うと言われているカラーリングです。そこに赤の刺し色が美しくて思わずパチリと撮りました。はっきりした色彩に映える器は大好きなマリメッコです。この3色のフェルトを使って何か作ってみようと思います。わくわく♪

フラットシューズ・その2
2011.06.09

フラットシューズ・その2

派手なビジューに魅せられて購入したrasのフラットシューズです。エスパドリューのメーカーだとばかり思っていたras・・・近頃はモードな靴も多いですね。ただのボールが付いているだけなのにボリュームと配置でかわいくするセンスに脱帽です。

フラットシューズ・その1
2011.06.08

フラットシューズ・その1

昨年頃から流行っているフラットシューズは美しいコサージュやビジューが付いているデコラティブな物が多いですね。こちらはpippiの製品でサテンとレースのコサージュにノックアウト(苦笑)でした。カゴバックにも合いそうなコサージュなので真似して作ってみようと思います。

青磁白磁展に行きました
2011.06.07

青磁白磁展に行きました

日本手芸協会の渋谷松濤教室から徒歩約3分に位置する戸栗美術館は、旧鍋島藩屋敷跡地に開館し観賞陶磁器、特に鍋島焼と伊万里焼を中心に展示されている美術館です。開催中の「青磁の潤い 白磁の輝き」では、美しい色を魅せるために、様々な工夫が凝らされた伊万里焼の青磁と白磁の名品約100点が展示されています。伊万里焼というと美しい染付や色絵を思い浮かべますが、無地の磁器もあるのですね。東京都渋谷区松濤1-11-3 TEL 03-3465-0070 6月26日(日)まで。詳細はこちらをご覧下さい。http://www.toguri-museum.or.jp/home.html

ドールワールドフェスティバルのお知らせが届きました
2011.06.06

ドールワールドフェスティバルのお知らせが届きました

日本手芸協会でもご紹介させていただいている作家さん(羊毛倉庫さん、noconocoさん、Studio-Argaliさん)もご出展されるドールワールドフェスティバルのお知らせが届きました。多種多様なドール達が一堂に会する貴重なチャンスですので、ぜひご覧下さい。都立産業貿易センター3階 東京都港区海岸1-7-8 6月11日(土)、12日(日) 詳細はこちら http://www32.ocn.ne.jp/~japandollworld/dw_index.html

jungjung(ジュンジュン)さんの展覧会に行きました
2011.06.05

jungjung(ジュンジュン)さんの展覧会に行きました

繊細で芸術的なかぎ針編みの作品づくりで有名な糸編家・jungjungさんの展覧会に行きました。ディスプレイされている可憐で美しいクロッシェ・レースのアクセサリーは小さな作品なのですが非常に存在感があります。極細の綿糸と12号のかぎ針で作られる作品は、図面を描かずに頭の中にある形を自在に編んでいかれるそうです。jungjungさんの作品イメージにぴったりのギャラリー・ドゥ・ポワソンで開催されていますので、ご興味のある方はぜひ足をお運び下さいね。「"W" Ribbonesia X Jung Jung」 東京都渋谷区恵比寿2-3-6 TEL03-5795-1933 6月12日(日)まで。プチ情報です、すぐ近くには美味しいカリフォルニア料理で有名なfummy's grillがありますよ。

◎羊毛フェルト作家Studio-Argaliさんが加わりました
2011.06.04

◎羊毛フェルト作家Studio-Argaliさんが加わりました

こちらの作品はアメリカンパイソンです。非常に丁寧に作られていて、少しリアルでどこか人間っぽい表情や仕草の動物たちを中心に作品づくりをされているStudio-Argaliの鈴木由貴子さんが作家さんページに加わりました。1つの作品に物語があり小世界なのです。展示会を中心にご活動されていますので、皆さま機会がありましたらぜひご覧下さいね。

北欧雑貨
2011.06.03

北欧雑貨

マリメッコをはじめ大胆でシンプルなデザインが多い北欧製品が大好きです。こちらのトレイとペーパーナプキンもフィンランドのartek(アルテック)社の物です。なんと創業80年弱のインテリアメーカーですが、当時から変わらないデザインの家具を販売しつづけています。時代が変わっても、新しくて垢ぬけていると感じるデザインには強烈な憧れを感じます。

◎編み物作家doliminueドリミーヌさんが加わりました
2011.06.02

◎編み物作家doliminueドリミーヌさんが加わりました

ニットバックをはじめアースカラーのちょっぴりガーリーテイストな作品を作られている編み物作家のdoliminue・毛塚みどりさんが作家さんページに加わりました。秋頃にお教室のお知らせが出来ればと思っていますので、ご希望等ありましたらletter@shugei.or.jp よりメッセージいただけますと嬉しいです! ぜひ作家さんページをご覧下さいね。 

ハーブのお教室のお知らせが届きました
2011.06.01

ハーブのお教室のお知らせが届きました

日本手芸協会の渋谷松濤教室にて、「メディカルハーブ工房Linden」さん主催のハーブ教室が始まります。ハーブって・・・抗酸化作用もあるそうで♪ と言えばアンチエイジングや血液サラサラにしてくれる作用ですよね~。そんなメディカルハーブを普段使い出来るようになる、ちょっぴり本格的な6回コースだそうです。なんだか楽しそう! 今週の土曜日には体験レッスンがあるそうなのでご興味のある方はお急ぎ下さいね。詳細やお申込みは、「メディカルハーブ工房Linden」さんまで直接お願いします。http://aalasoap.blog.fc2.com/

1