HOME > NEWS & TOPICS > 2016年1月

NEWS&TOPICS

2016年1月記事一覧

Hajimrino cafe はじまりました~
2016.01.31

Hajimrino cafe はじまりました~

はじめて出会うコトが揃うカフェ【Hajimarino cafe】 でニット作家・うつみあづささんのニットサンキャッチャーのワークショップしました。Hajimarino cafe(はじまりのカフェ)は良い具合にオープンスペースで明るく、クッキング、モノづくり、学習とカテゴリーにとらわれずに開催できる場所です。百貨店の中で楽しく気軽にご参加いただける、他には無いコンセプトの空間としてますまず盛り上がりそうですよ♪  日本橋三越本店7階

20160202_1.jpg

みつあめ持ち歩いてます
2016.01.30

みつあめ持ち歩いてます

梅ぼ志飴が有名な江戸時代からの老舗「榮太樓総本舗」の百貨店ブランド「あめやえいたろう」のスイートリップはリップグロス風みつ飴です。ちょっと糖分補給したい時にバッグから取り出し紅茶に入れたりスプーンで舐めたりしています。パッケージのかわいらしさはもちろん、爽やかなフレーバーは味もグッド。こちらはバービー人形とのコラボレーション商品「スイートリップBarbie」少々気の早いお話しですがホワイトデーに喜ばれそうですよ。

須佐沙知子さん新刊の表紙はミッフィー
2016.01.29

須佐沙知子さん新刊の表紙はミッフィー

手芸作家・須佐沙知子さんの新刊 『羊毛フェルトで作る絵本の主人公』(白泉社刊)のかわいいこと! 表紙はミッフィーちゃん、羊毛フェルトの風合いが可愛らしさを注入し、らしさ倍増されています。万人に愛されるバランスを熟知されている須佐沙知子さん、そして作風の幅の広さにも驚きます。ぜひお手に取ってご覧下さいませ。かわいいですよ~

天井にも視線を・・・
2016.01.28

天井にも視線を・・・

伊勢丹新宿店1階から2階までの吹き抜けにオブジェが吊るされているのをご存じですか。現在はモノクロメッシュのワードローブが飾られています。気が付くと違う装飾に。さすがファッションミュージアムとうたう百貨店、ありとあらゆる箇所にアーティスティックな趣向が凝らされています。http://www.isetan.co.jp/otomana

大人の雛祭りに
2016.01.27

大人の雛祭りに

こちらは人形工房「松寿」さんのつるし飾りです。ひとつひとつに意味のある吊るし雛、うさぎや這い這い姿の人形、お花などどれも可愛い飾りです。ひとつの飾りは2、3センチほどの小ささで可愛らしさも増しています。大人になってもワクワクする雛祭り、雛人形を飾らずとも手軽なつるし飾りで季節を彩るのもいいですね。お菓子とともに♪

KeiFeridaさん講座開催中@伊勢丹新宿店OTOMANA
2016.01.26

KeiFeridaさん講座開催中@伊勢丹新宿店OTOMANA

ただいま開催中の講座「KeiFeridaのビーズ刺繍~オートクチュール&ファッション~」で制作中の立体的なリボンブローチです。KeiFeridaさんの作品は入手しやすい素材で特別な道具は使わず美しく作り上げるのも特徴のひとつです。2月22日(月)からスタートのミニトートバッグを作る講座は若干名様のお席がございます。よろしければご検討下さい。素敵ですよ~♪ 詳細・お申込み☛コチラより

チョコレートのカタログです!
2016.01.25

チョコレートのカタログです!

えっと二度見し手に取った冊子は髙島屋ショコラの祭典「Amour du Chocolat!」~ショコラ大好き!~のカタログです。どストライクの漫画『ガラスの仮面』(美内すずえ氏著)とのコラボレーションで編集された手の込んだ一冊です。紹介されているチョコレートはどれも芳醇そうな高級品ばかり。知る人ぞ知る、日本初上陸、限定、老舗、ハイクオリティー、職人技・・・そそられる言葉が並んでいます。美味しいしスタイリッシュ、選べませんよね?

20160126_cho1.jpg

大阪梅田の羨ましい光景
2016.01.24

大阪梅田の羨ましい光景

大阪梅田にとても羨ましい光景が・・・。お付き合いのある作家さんも度々ご出店されている「阪急うめだ本店」10階の【うめだスーク】 百貨店では新しい形態の雑貨売場としてオープンから3年半、平日にも関わらず熱気あふれ多くのお客様で賑わっていました。ハンドメイド品を集めたエリアは、作家さん職人さんと会話を交わしながら商品を選ぶマーケットの要素があり、物と事が同時に楽しめる場所でした。羨ましい限り♪

20mmのボタンです♪
2016.01.23

20mmのボタンです♪

こちらは京都西陣の繊維会社さんが運営されているリボンとボタンのネットショップ「ROSE ROSA」(ローズローザ)さんのボタンです。ココナッツ素材に表面はレジン、20ミリの小さなボタンに細かく描かれたネコさんがたまりません。手持ちのカーディガンのボタンを付け変えても良さそうですね♪ ROSE ROSAさんは欧米で買い付けたひと味違う商品が多く、あれもこれも欲しくなってしまいます。http://item.rakuten.co.jp/rose-rosa/10001748/

そっくりな子を作りませんか
2016.01.22

そっくりな子を作りませんか

おかげさまで、毎回人気のお教室「羊毛フェルトで愛犬愛猫作り」、3月開講4回コース【東京日本橋教室】の募集が始まります。うちの子や本で見たあの子そっくりなワンちゃん、ネコちゃんをお作りいただきます。出来る限り宿題なくお教室内で完成いただけるための4回プログラム、そして羊毛フェルトが全く初めての方も安心してご参加いただけます。詳細・お申込みはこちらよりご覧下さい☛http://shugei.or.jp/kyoshitsu/felt.html#2860

*2月開講・二子玉川ライズクラスも募集中です☛http://shugei.or.jp/kyoshitsu/felt.html#2766


 

ISSEY MIYAKEブランドが作るメキッキオヤ
2016.01.21

ISSEY MIYAKEブランドが作るメキッキオヤ

ISSEY MIYAKEのいちブランド「HaaT」のアクセサリー"AIR MEKIK OYA"です。シャトルを使用して編むトルコの伝統技法メキッキオヤのネックレスです。どれだけ手間暇が掛っているか考えると貴重な商品(作品)です。作り方は、トルコ伝統手芸研究家・七海光さんの著書『メキッキオヤのアクセサリー シャトルで作る花レース』(文化出版局)に詳しく記載されています。

日本の手仕事・錫
2016.01.20

日本の手仕事・錫

こちらも髙島屋さんのコレクションWAGOTO<世界に誇る日本の手仕事>より。錫(すず)製「富士山ぐい呑み」は、大阪に伝わる工芸品「大阪浪華錫器」の美しい器です。丹精込めて作られる職人技に加え、お酒がおいしくなる、水がまろやかになるといわれる機能性も兼ね備えています。誇るべき日用品であり逸品を創り上げる日本の職人技、素晴らしいです!!! http://www.osakasuzuki.co.jp/

イラスト・やきがし【シュシュクル】
2016.01.19

イラスト・やきがし【シュシュクル】

パッケージやシールがかわいい「やきがしや SUSUCRE」(シュシュクル)さん、すべてのイラストは「ぐりとぐら」の作家・山脇百合子さんが描かれているそうです。絵のイメージ通り優しく可愛い焼き菓子はフォルムが特徴的、ペロペロキャンディや動物の形のクッキーはお土産にリピートされている方も多いようですよ~♪ http://www.susucre.com/

池田重子さんコレクションで拝見した【芝山細工】
2016.01.18

池田重子さんコレクションで拝見した【芝山細工】

アンティーク着物、和装小物収集家・池田重子さんのコレクション「日本のおしゃれ展」に伺いました。一点一点華美な作品が多く、足し算のコーディネートで品良く粋に創り上げるセンスが池田重子さんならではのようです。例えば、加賀友禅・京友禅など生産地や作家名の表記は無く、年号と文様名のみ説明されているのは、作品そのものを愛されていたお心の表れでしょうか。

着物もさることながら、小物も素晴らしく中でも「芝山細工」の帯留が印象的で、広岡浅子氏が飾りそうな和洋折衷の美しい装飾品に魅せられました。「芝山細工」とは漆の面に貝殻、象牙、べっ甲で模様を細工した江戸後期の工芸技法と知りました。 

日本の手仕事・竹
2016.01.17

日本の手仕事・竹

髙島屋さん各店で展開されているWAGOTO<世界に誇る日本の手仕事>として、伝統技術・素材・デザイン性・機能性を有した優れた日用品をご紹介されています。和でありながらもユニバーサルデザインさながらの定番を感じるお品ばかりです。こちらは創業120年京都、竹製品の老舗「公長齋小菅」さんの二段弁当箱です。竹の積層材を組みあげて出来た模様は綺麗です。掛けられたバンドの飾りには竹の根の部分が使われています(GUCCIのbambooシリーズの金具ですね)。http://www.kohchosai.co.jp/ja.html 寸分の狂いもなく美しく作る技や心は手芸作家さん方にも息づかれているように感じます。

アトリエ訪問と毎日新聞
2016.01.16

アトリエ訪問と毎日新聞

「手芸男子」をテーマに取材されていた毎日新聞記者の方と訪れた洋裁家・三隅昌朗さんのアトリエです。作品作りのみならずご経験やお考えなど深い話までお伺いできて、三隅さんの真摯な人生を身近で拝見できたような感慨深い時間でした。作家さんとこのような機会を持てることは稀でご取材のおかげです。ありがとうございました。 三隅さんの記事☛コチラ 手芸男子についての記事☛コチラ 

(毎日新聞2016年1月4日 大阪夕刊「現代男子論」に掲載)

残席わずか 【KeiFeridaさん_後期@伊勢丹新宿店OTOMANA】
2016.01.15

残席わずか 【KeiFeridaさん_後期@伊勢丹新宿店OTOMANA】

今週よりKeiFeridaさんのビーズ刺繍の講座「オートクチュール&ファッション」前期が始まりました。こちらは2月22日(月)よりスタートします3回コースでお作りいただくミニトートバッグです。24x24センチの四角形とサイズ感も良く、マチが5センチと使い勝手と美しさを兼ね備えた作品に仕上がります。KeiFeridaさんのビーズ刺繍は、日常使いの出来る作品制作と特別な道具を使わずに作れることが特徴でもあります。詳細・お申込み☛コチラ

ワークショップがはじまります【Hajimarino cafe@日本橋三越本館7F】
2016.01.14

ワークショップがはじまります【Hajimarino cafe@日本橋三越本館7F】

日本橋三越本店・本館7階に展開されているHajimarino cafe(はじまりのカフェ)。「はじめて」が始まる時に百貨店はモノを提供されてきました。そしてこれからは「はじめて」に出会うコトを提供する場所にもなりつつあります。コトをオープンスペースのカフェで体験できるのがHajimarino cafe なのです。 http://hajimarinocafe.jp/

日本手芸協会では今年よりこちらでのワークショップを企画させていただきます。1月31日(土)はうつみあづささんの「ニットサンキャッチャー」 よろしければお立ち寄り下さいませ。http://hajimarinocafe.jp/workshop/ *物産展など魅力的な催事が開催されるフロアーです♪

作家さん私物・ハンドメイド作品
2016.01.13

作家さん私物・ハンドメイド作品

先週より伊勢丹OTOMANAにてスタートしました「文化出版局協力講座」の講師で手芸作家・俵森朋子(ひょうもりともこ)さん私物のバッグです。無国籍感のある素敵な作品、特徴的な部分をアップで撮らせていただきました。持ち手はトルコのおばあさま達の手縫いの細紐を束ねて、生地は北欧のアンティークを使用されたそうです。アイデアとセンスの宝庫、専門分野外の技法でも作家さんの作品はいつも秀逸です!

近隣ご紹介・リニューアル【日本銀行貨幣博物館】
2016.01.12

近隣ご紹介・リニューアル【日本銀行貨幣博物館】

日本銀行本店隣りにある「日本銀行貨幣博物館」が昨年11月にリニューアルオープンしました。貨幣や貨幣の歴史に関する趣きと歴史ある博物館です。経済活動を形状している貨幣=お金は当たり前の事として存在していますが、歴史を知り役割と文化について少しだけ考えてみました。日本橋三越本店の裏手にありお買い物がてら良いかもしれません。http://www.imes.boj.or.jp/cm/

文化出版局 協力講座【日本橋三越カルチャーサロン】
2016.01.11

文化出版局 協力講座【日本橋三越カルチャーサロン】

昨年11月文化出版局刊 『フラワーアクセサリー』の著者・折田さやかさんによる講座が2月7日、日本橋三越カルチャーに初登場します!

布花とブリザーブドフラワーを組み合わせる独特な作風は、日常服に華やかさと上品さをプラスしてくれます。布花は一枚一枚切り抜き染め、成形する手の込みよう。チープさとは無縁の美しい作品が出来上がります。

詳細・お申込み☛コチラ *サイトより作品のディテールをぜひご覧下さい。

日本橋の情報発信マガジン『ニホンバシーモ』使えます!
2016.01.10

日本橋の情報発信マガジン『ニホンバシーモ』使えます!

だんだんメジャーになってきた??? 年8回発行の日本橋情報フリーペーパー『ニホンバシーモ』。ラックから無くなるのが早くなってような気がします。2016年1月号のテーマは”日本橋2016旬スポット”、毎回適度な情報量が良い感じです。配布場所などはこちら☛http://www.nihombashimo.jp/

それいゆ創刊70周年
2016.01.09

それいゆ創刊70周年

終戦と共に歴史を重ねてきたのですね。

中原淳一が終戦翌年創刊した『それいゆ』は新しい女性のライフスタイルを提案したモガ向け雑誌だったようです。今見ても古さを全く感じないイラストが印象的です。記念すべきスペシャルショップでは文房具や復刻ファッションが販売されています。新しい世代のファンも増えること間違い無しですね。 2016年1月12日(火)まで。日本橋三越新館1階イベントスペース http://www.junichi-nakahara.com/soleil70/

日本橋三丁目の<春の七草>
2016.01.08

日本橋三丁目の<春の七草>

皆さま、昨日は七草粥を召し上がりましたか。【東京日本橋教室】の1階にある「日本料理 日本橋ゆかり」さんの店先に、春の七草の鉢植えが飾られていました。ゆかりさんは、季節ごとに食につながる植物を綾なしていらっしゃいます。毎日拝見しながら四季を感じ憩いをいただいています。

【タカモリ・トモコさん】にお会いして
2016.01.07

【タカモリ・トモコさん】にお会いして

仕事始めにお会いしたあみぐるみ作家のタカモリ・トモコさん、作品のかわいいこと!連れて帰りたかったです・・・。 色とバランス、存在感をアップさせるチャーム、そして何と言っても太めチェーンが最高! 大人女子に絶大な人気を誇るタカモリ・トモコさん、かわいいです。元々イラストレーターをされていたタカモリさん、イラストありきで立体作品がアミグルミになったようです。作品をご覧いただける「タカモリ・トモコ全集」は『ほぼ日刊イトイ新聞』に掲載されています、今月末に新作がアップされるそうですよーhttp://www.1101.com/store/amigurumi/

残席わずか 【KeiFeridaさん@伊勢丹新宿店OTOMANA】
2016.01.06

残席わずか 【KeiFeridaさん@伊勢丹新宿店OTOMANA】

1月11日(月祝)~KeiFeridaさんのビーズ刺繍の講座「オートクチュール&ファッション」前期3回コースがスタートします。専用の道具を使わず、普段使いの出来る上質なファッションアイテムを制作されているKeiFeridaさんならではのセンスと技法を習っていただけるプログラムです。前期はマチの無いポーチと黒リボンのブローチ、後期はミニトートバッグをお作りいただきます。詳細・お申込み☛コチラ

残席わずか 【鳩みう子さん@伊勢丹新宿店OTOMANA】
2016.01.05

残席わずか 【鳩みう子さん@伊勢丹新宿店OTOMANA】

都内の三越伊勢丹各店舗で開催されていた初売りから6日までの新春祭(おめでたい感じです~)にお目見えしている鳩みう子さんの鳥さん。今週日曜日10日には伊勢丹新宿店OTOMANAにて1日ワークショップ「オトナガールなチャーム~幸せを運ぶとりさん・たのしいひよこ~」が開催されます。かわいいですよ~ぜひお越し下さいませ。詳細・お申込み☛コチラ

【下田直子さん個展】 2/3~日本橋三越本店にて
2016.01.04

【下田直子さん個展】 2/3~日本橋三越本店にて

下田直子さんの個展がいよいよ1ケ月後に!

2014年JR京都伊勢丹で開催された下田直子さんの個展が日本橋三越で開催されます。新作も数点を制作されていました。「手芸」ってなに・・・手先で行う技芸とされていますが、日頃よりひとくくりには定義出来ないと感じています。下田先生の作品は糸、布を素材に創作された物としか表現できず。ありとあらゆる方々、クリエイターさん方にぜひともご覧いただきたい世界観です。 (撮影:石井宏明氏)

「下田直子 ハンドクラフト展」 2016年2月3日(水)-15日(月) 日本橋三越・新館7階ギャラリー

盆栽愛が分かる今日この頃
2016.01.03

盆栽愛が分かる今日この頃

三越伊勢丹グループでは昨年来「JAPAN SESSES」をテーマに日本の伝統、文化、美意識を再認識するお取組みをされています。その一環として「BONSAIを愛でる 進化する日本的室礼」が伊勢丹新宿店・本館1階ザ・スタージにて1月3-5日の3日間限定で開催中(お正月らしい・・・)。江戸時代からの盆栽園「加藤蔓青園」とモダンインテリアの「TIME&STYLE」がコラボレーションした非常に美しい和モダンの空間になっています。日本人の精神性を表現していると言われる【盆栽】、奥深い美しさが分かる今日この頃です・・・。(年齢による???)

新春らしい・・・有田焼創業400年記念展
2016.01.02

新春らしい・・・有田焼創業400年記念展

美しく贅沢な品のひとつ有田焼の食器、日常に感じていられたら幸せですね。2016年は有田焼が生まれて400年とのことで様々なイベントが期待できます。日本橋三越本店にて開催されている新春らしい有田焼創業400年記念の展覧会は、それぞれの窯の確立された優美な色絵磁器は一見の価値が有るかもしれません。 「有田焼創業400年記念 十三代今右衛門x十四代柿右衛門展」 2016年1月11日(月・祝) 日本橋三越本店・新館7階ギャラリー

あけましておめでとうございます
2016.01.01

あけましておめでとうございます

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

2016年、皆さまにとりまして素敵な一年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

*画像:片岡球子画伯作

1