HOME > NEWS & TOPICS > 2016年4月

NEWS&TOPICS

2016年4月記事一覧

ホビーショー2016で出会ったモノ【ターコイズ極小ビーズ】
2016.04.30

ホビーショー2016で出会ったモノ【ターコイズ極小ビーズ】

こちらは貴和製作所さんのスタッフの方がされていたブレスレットです。ターコイズx白xシルバーの3色使いが爽やかでした。ラップブレスレットのターコイズは新製品、天然石で穴が小さく糸を通しにくいこともあります、とおっしゃっていました。初夏にむけて久しぶりにラップブレスを作ってみたくなる素敵な作品でした。この画像を持参し同じマテリアルを購入しようと思います♪ http://www.kiwaseisakujo.jp/

ホビーショー2016で出会ったモノ【結ばなくてもまとまる糸】
2016.04.29

ホビーショー2016で出会ったモノ【結ばなくてもまとまる糸】

タッセルの結び目やリボン中心部に使用されているのはフジックスさんの糸「not knot(ノットノッオ)」です。起毛気味でからみやすいため、くるくす巻いてひっぱるだけで結ばずにまとまり、糸先も絡みますので美しく仕上がります。これ使えますね! 10色展開で金・銀が特に人気だそうで会場では完売していました。 http://www.fjx.co.jp/product/detail.php?id=118 

*フジックスの糸を使ったカラフルタッセル募集中☛http://www.fjx.co.jp/sewingcom/contest/

風呂敷バッグ 【寅の助】
2016.04.28

風呂敷バッグ 【寅の助】

こちらは作家・植草桂子さんがお持ちになっていたバッグです。美しい柄の生地は風呂敷とのこと! 風呂敷のお店「寅の助」さんでは<風呂敷・内袋+持ち手>で自分好みのバッグを組み立てるご提案をされています。持ち手の素材と大きさ、生地の柄と厚さが決め手、植草さんが後付したヴィヴィッドピンクのタッセルが効いています。本日からのホビーショーでも三越伊勢丹ブース”coten"にて販売されるそうですよ。http://www.toranosuke3.jp/

お客様の私物【裂き布タッセル】
2016.04.27

お客様の私物【裂き布タッセル】

数種類の裂き布から作られたお客様の私物・タッセルです。ジーンズのハギレやグレーにスター柄のDMCズパゲッティ(も裂き布ですね)に差し色もあり、ボリューム・サイズ・配色、そしてチャームと完璧な作品でした! やはり・・・ハンドメイドアイテムはアイデアとセンスにつきますね。

敬意を込めて【Made in Japan.】
2016.04.26

敬意を込めて【Made in Japan.】

多量流通の靴は東南アジアでの生産が主流ですが、日本国内の職人さんの手によるMade in Japan. のスニーカーに出会いました。上質な素材と確かな縫製技術による純国産品「PUMA States MIJ」です。他には徳島県阿波地方の伝統工芸から成る藍染した本革や凹凸が美しい”しじら織り”の木綿をアッパーに用いた、どれも高い技術と丁寧な職人仕事から生まれる製品がコレクションされています。Made in Japan.に誇りを持ち次世代へ引き継ぎたいですね。 http://jp.puma.com/

マリメッコの映画です♪ 映画『ファブリックの女王』劇場鑑賞券プレゼント
2016.04.25

マリメッコの映画です♪ 映画『ファブリックの女王』劇場鑑賞券プレゼント

タイアップ企画 映画 『ファブリックの女王』 x 【日本手芸協会】

 

映画 『ファブリックの女王』
5月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次公開
公式サイト http://q-fabric.com/
 
マリメッコの映画が公開されます。
マリメッコの全て(こころ・歴史・デザイン)を知る
創業者の夢と理想に邁進する人生を描いた美しい作品です。


皆さまにこそぜひご覧いただきたく劇場鑑賞券をプレゼントいたします。

 

【応募方法】

5月1日(日)20時までに <①お名前 ②郵便番号 ③住所 ④お好きな手芸や手芸作家さん>を
メールにて(letter@shugei.or.jp )にお送り下さい。
*当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

監督:ヨールン・ドンネル
2015年/フィンランド/フィンランド語/カラー/85分
原題:Armi elää! /英題:Armi Alive!
協賛:Marimekko 後援:フィンランド大使館 提供・配給:パンドラ+kinologue
ⒸBufo Ltd 2015

・・・・・・・・・・・・・・・・・

マリメッコ愛が止まりません!

創業者アルミ・ラティアの”思いを形にしたい”一心で何をも恐れない生き方にジ~ン。

|

おためしサイズが出ています 【デコパッチキット ミニ】
2016.04.23

おためしサイズが出ています 【デコパッチキット ミニ】

テキスタイルのごとくシーズンごとに新柄が発表されるフランス発のペーパークラフト【デコパッチ】。ちょこっとしてみたいけれど材料を揃えるのは・・・という方に「デコパッチキットミニ」をおすすめします。必要な材料のミニサイズと”マッシュ”と呼ばれる紙製の土台(ネコ、恐竜、馬)が入っています。楽しいですよ~デコパッチ、はまります。 http://decopatch.jp/products/kit.html

ヨーロッパから❤手芸小物が届いています
2016.04.22

ヨーロッパから❤手芸小物が届いています

京都西陣の繊維問屋運営のリボン・ボタンのネットショップ 【ROSE ROSA】さん。目を引くかわいいアップリケ、ボタン、リボンがヨーロッパからどんどん入荷しています。手作りしたアイテムにはもちろん、既製品の洋服や袋物につけるだけでもオリジナルが仕上がり、とてもとても気分が上がります♪ ひとあじ違うヨーロッパ物だからこそチープ感が出ずに大人でも使えます。http://www.rakuten.co.jp/rose-rosa/

roserosa_lace&botton.jpg

名窯ヘレンドx氣仙えりか
2016.04.21

名窯ヘレンドx氣仙えりか

ヘレンドの存在感に全く引けを取らない氣仙えりかさんのフェイクスイーツ。

開窯190周年を迎えている「ヘレンド」の各店舗では記念の展示がされています。本店は5月までクレイパティシエール・氣仙えりかさんの作品が盛り付けられています。クリームやフルーツの香りを感じられそうな本物感たっぷりのフェイクスイーツがヘレンドのテーブルウエアをより一層引き立てています。むしろ本物の食品よりも美しく映えるような気がします。氣仙えりかさんより「4月25日以降のディスプレイがおすすめ」とのことです。ヘレンド ジャパン本店 東京都港区南青山一丁目1-1 青山ツインタワー東館1階 11:00-19:00 日祝日休み http://www.herend.co.jp/chj/index.html

東京駅まるごと街づくり
2016.04.20

東京駅まるごと街づくり

日本手芸協会【東京・日本橋教室】の最寄駅・東京駅は、”東京駅が街になる”をコンセプトに「東京ステーションシティ」と命名され、緑・水・歴史・風をテーマに環境に優しい様々な取組がされています。特に驚くのは「風」、世界が大注目している小型風力発電機が8本設置されています。航空工学に基づいた特殊な羽の形状で、低騒音、低振動かつ微風でも効率よく回転エネルギーに変換される、まさに都市型自然エネルギー活用です。東京駅八重洲口にお越しの際には見上げてみて下さい。 http://www.tokyostationcity.com/tsc/yaesu/

魯山人展に伺いました
2016.04.19

魯山人展に伺いました

本展では約40点と少なめの展示数ながらも華やかな器から渋い器まで集約されていました。魯山人=「わびさび」を連想しますが、金彩銀彩の美しい作品も見応えあり貴重な品々を身近に拝見することが出来ました。作品の魅力に取り憑かれずっと傍にいたい衝動に駆られます。

「唯我独尊 北大路魯山人展」 大丸東京店10階 美術画廊 本日4月19日(火)まで。http://www.daimaru.co.jp/tokyo/bijutsu/ *唯我独尊(ゆいがどくそん)

圧倒される作品力! 勝田えみさんの彫刻品
2016.04.18

圧倒される作品力! 勝田えみさんの彫刻品

彫刻家・勝田えみさんの作品展に伺いました。『鮮やかな色彩、明るくユニークなフォルムとどこか淋しげな表情でもあり、色々なことを連想させてくれます。』と作品について説明が記されていました。半端ない引力に作品から離れたくなくなるのです。勝田えみさんが会場にいらしたので撮影許可をいただきました。かわいい! ディテールをご覧いただける画像はこちらより☛勝田えみさん作品.pdf 「勝田えみ彫刻展 -Listening Eyes-」 日本橋三越本店 本館6階 アートスクエア 2016年4月19日(火)まで。

書籍『マクラメレースのアクセサリー』ご紹介
2016.04.17

書籍『マクラメレースのアクセサリー』ご紹介

この春出版された松田紗和さん著『マクラメレースのアクセサリー』(文化出版局)をご紹介します。白や生成りの細糸から編まれるアクセサリーは人を選ばない無垢さを感じます。北欧風でもあり和風でもあり、地味過ぎずナチュラルテイスト過ぎず、絶妙な塩梅です。松田紗和さんがクラシックレースを学ばれていた時マクラメレースに出会われ、”糸を結び合わせることで模様を作り出していくこの技法は、結ぶときの手ごたえが心地よく、素朴な風合いとしっかりとした仕上りに可能性を感じました。”とまえがきにあります。濃紺に白い作品の表紙が美しい1冊です。

心射抜かれた♥アイテム
2016.04.16

心射抜かれた♥アイテム

Lill's Jewelry Tokyo.(リルズジュエリー東京)さんの商品はアンティーク感たっぷりのファッションアイテム。ヴィンテージファッションに馴染むプラスティック・ジュエリーをコンセプトに1920's-40's の世界観を表現されています。素材がプラスティックとは、良く出来ています。ひとつひとつデザイン、制作されている商品はリングやヘアアクセサリー、ネックレスなどなど豊富なラインナップです。 http://lillsjewelry.com/ *画像はサイトからお借りしました。

開催中【東京アートアンティーク2016 /日本橋・京橋地区】
2016.04.15

開催中【東京アートアンティーク2016 /日本橋・京橋地区】

画廊、ギャラリーのメッカは銀座だけではありません。隣りの街、京橋から日本橋に掛けても盛り上がっています♪ ただいま開催中の「東京 アート アンティーク 2016 ~日本橋・京橋美術まつり~」は約80軒の画廊、ギャラリーが参加し初心者でも気軽に楽しくまわれるよう様々なイベントが企画されています。大歓迎な雰囲気です。明日4月16日(土)まで。http://www.tokyoartantiques.com/

残席僅少【tamaoさん@伊勢丹新宿店OTOMANA】
2016.04.14

残席僅少【tamaoさん@伊勢丹新宿店OTOMANA】

刺繍作家・tamaoさんの作品の中でも特に人気の”女の子モチーフ”です。5月18日(水)から始まるtamaoさんのお教室では、東欧の民族衣装のような洋服を来ている赤ずきんちゃんのバッグチャームと、ショートケーキとティーカップのミニブローチの3点を3回でお作りいただきます。ハイエンドなブランドバッグにも似合いそうな大人向けチャームが出来上がります。ぜひ♥ 詳細・お申込みはこちらより☛伊勢丹OTOMANA

人気のクリスマスローズ
2016.04.13

人気のクリスマスローズ

「クリスマスローズ」 ブームのようです。冬の草花として愛されている通称「クリスマスローズ」、正式名「ヘレボルス」は郊外の高原にはまだ咲いていました。日本では寒芍薬とも呼ばれ、花言葉は『追憶』・・・切ない言葉です。ネーミングの魅力もあるでしょう、良く育ち年々花の咲く数が増えるため愛情を込めやすい花だそうです。蜜ろうドライフラワー作家・渡部裕美さんの作品にも度々取り入れられ、渋いテイストにジャストマッチしている「クリスマスローズ」、ますます目が離せません。

明日から【彫刻家・勝田えみさん作品展】
2016.04.12

明日から【彫刻家・勝田えみさん作品展】

彫刻家・勝田えみさんの作品が明日4月13日(水)-19日(火) 日本橋三越本店6階アートスクエアに展示されます。鮮やかな色の洋服をまとった女の子他ほぼ新作とのこと、期待しています! こちらは勝田えみさんの作品の中でもメッセージ性の強い”モンモン”ちゃん、何かを訴えている表情が印象的です。

「勝田えみ-Listening Eyes-」 http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/index.html 

恒例のイタリア展・今年の趣向は・・・
2016.04.11

恒例のイタリア展・今年の趣向は・・・

外国の物産展ではフランスとならび大盛況のイタリア展が日本橋三越さんで4月13日(水)から開催されます。毎年趣向を変えて楽しませてくれるイベント、今年は素朴と洗練が融合したシチリア発を中心にラインナップ。手工芸品では仕上げの美しさに職人技が冴えるSATURNOのシルバーアクセサリーやOSTINELLIのリネンストールほか一見だけでも価値ありの作品、そして花より団子・・・本場仕込みのジェラートのお店、祐天寺・アクオリーナさんもご出店されます。出来たてのジェラート、楽しみ過ぎる~♪ 『ニホンバシーモ』(日本橋の情報発信マガジン)の特集号は日本橋界隈で配布中。http://www.mitsukoshi-special.com/italia2016/

日本の美意識・価値観
2016.04.10

日本の美意識・価値観

作家さんの展示会で紙の器「WASARA」にディスプレイされた作品を度々拝見します。無地でシンプルな器に作品が引き立ちます。「WASARA」は土に還る素材を原料に四角や円形のお皿やお椀があり、手に馴染む質感とフォルムのため玉露や練切も美味しくいただけます。改めて日本の美意識や価値観には感心します。http://wasara.jp/

駅近ビルで開催中<羊毛フェルトの愛犬愛猫作り>
2016.04.09

駅近ビルで開催中<羊毛フェルトの愛犬愛猫作り>

オカダヤ・マーノクレアール各店アトリエにて開催中の講座「羊毛フェルトの愛犬愛猫作り」は次期お申込み募集中です。マークイズみなとみらい店、二子玉川ライズ店、ららぽーと豊洲店に加えて、グランツリー武蔵小杉店でも始まります。詳細はこちらより☛http://shugei.or.jp/kyoshitsu/felt.html#2948 皆さまのご受講お待ちしております。 *こちらは東京日本橋教室お客様の作品です。本物がぬいぐるみのようなティーカッププードルちゃん。

ワッペンLOVE ~衣類以外にも~
2016.04.08

ワッペンLOVE ~衣類以外にも~

シールと同じ感覚でワッペンを様々なアイテムに貼るのは楽しいです〜。 アイロン接着が主流ですが、布以外の素材には瞬間接着剤を使用します。大学ノートやスケジュール帳、スマホケースに財布や名刺入れ・・・ワッペンLOVEがとまりません♪ (一度貼り付けたら剥がせませんのでご注意を) こちらは日本とヨーロッパのリボン・ボタン・手芸副資材をお取扱いされている京都西陣のネットショップ「ROSE ROSA」さんのワッペンです。色使いとしゃれ加減がヨーロッパ製ならでは、ひと手間ふた手間の分かるデザインが魅力、精巧な顔の犬猫モチーフもかわいいです。 http://www.rakuten.co.jp/rose-rosa/

image20160410.jpg

桜❀和菓子のアクセサリー
2016.04.07

桜❀和菓子のアクセサリー

Q-pot.さんのスウィーツアクセサリーを初めて拝見したのは百貨店でした。質感にサイズ感、金具使いが出色だったからと後日売場バイヤーさんに伺いました。桜の愛で方は多種多様、桜弁当に桜飲料、桜スイーツ、そして桜アクセサリーと。Q-pot.さんの作られるアクセサリーは桜の上生菓子を模した「和スウィーツ・さくら」髙島屋限定品です。天晴れ!

image20160407.jpg本物は富山の菓匠・引綱香月堂さんの練り切り「さくら」です。

NIPPONを意識して
2016.04.06

NIPPONを意識して

日本の”技”が生みだす”メイドインジャパン”に焦点が当たること多くなりましたね。昨年秋につづき高島屋全店では、日本のものづくり<伝統・技術・モダン>をテーマに「NIPPONものがたり」が開催されています。外国のお客様を意識したアパレルは置いといて・・・生活雑貨や食料品の美しいこと! 「いちご大福・五人衆」は榮太樓の限定品、5種の苺で作られています。とても日本的な感性。

nippon_2.jpgnippon_3.jpgnippon_1.jpgnippon_4.jpg

センスって何でしょう・・・
2016.04.05

センスって何でしょう・・・

”センスが良い”とはこういう事を言うのでしょうか・・・。古(=古道具)と生(=植物)の共存をコンセプトとされている南青山のショップ「はいいろオオカミ+花屋西別府商店」さんのディスプレイです。鮮やか過ぎず飾り過ぎずのバランスが絶巧、こちらのお店ならではのフラワーギフトもお取扱いされています。ホームページもセンスの宝庫。 http://haiiro-ookami.com/web/Enter.html

尊敬してやまないプロ仕事
2016.04.04

尊敬してやまないプロ仕事

コスチュームジュエリーTITTI(ティッティ)デザイナー・青木あいさんに作品を見せていただきました。こちらの2センチ程のイヤリングは、プラスチックを一つ一つ手で切り出し、雄しべ・雌しべ部分は糸で刺し造形されています。接着剤は一切使用していないそうです。美しい佇まいの作品には一見すると判らない多くの工程が隠れているものです。これぞプロ仕事のハンドメイドアクセサリー!

http://titti-world.com/

奥深い日本の美
2016.04.03

奥深い日本の美

こちらは金子國義氏の画業50年間の膨大な作品群からの選りすぐり180点の画集『イルミナシオン』(バジリコ刊)です。編集者の愛と情熱が感じられる丁寧で贅沢な作りの1冊です。憧れ続けた”素敵な大人の世界”が繰り広げられています。金子國義氏の作品を鑑賞するたびに、日本芸術の奥深さを感じます。伝統、独創、輸入・・・全てがバランスよく存在できる日本の土壌に拍手!

お好きなアイコンは何ですか?
2016.04.02

お好きなアイコンは何ですか?

ファッション雑貨しかり手芸品しかり、人気モチーフの上位は*ハート*リボン*さくらんぼ のようです。運気も上がりそう♪ こちらはANNA SUI 春夏コレクションからタイルハンカチ、さくらんぼが付いているとついつい買いたくなってしまう可愛らしさは永遠です。伊勢丹新宿店1F売場では買っていかれる方をたくさんいて、ふふふ…と思いながら拝見していました。

極上の美しさに触れる展示会
2016.04.01

極上の美しさに触れる展示会

サンローラン、ディオール、バレンシアガ、シャネル・・・パリ・オートクチュール歴代の作品が並びます。オートクチュールの始まり(19世紀後半)から現代までに制作されたドレス、小物など壮麗な展示品の数々、2013年パリ市庁舎で開催され大好評を博した展示会の再編成とのことです。刺繍、羽根細工ほか職人技を間近で見ることのできる貴重な機会、心を充たしてくれる素晴らしい展示会でした。 「PARIS オートクチュール展-世界に一つだけの服」 2016年3月4日(金)-5月22日(日) 三菱一号美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)http://mimt.jp/paris-hc/

20160331_dress.jpg

1