HOME > NEWS & TOPICS > 2018年10月

NEWS&TOPICS

2018年10月記事一覧

キティちゃんバス、日本橋を通る
2018.10.18

キティちゃんバス、日本橋を通る

新装開店で連日大賑わいの日本橋高島屋の前をキティちゃん仕様のはとバスが通過~キッチュなひとコマです。はとバスの黄色に映えるイラストレーション、乗車する前からワクワク感が半端じゃないのでは???

はとバス x HELLO KITTY

クリスマスアレンジメントづくり
2018.10.17

クリスマスアレンジメントづくり

クードゥラナンさんによるブリザーブドフラワーとシダローズ、松ぼっくりなどを集めてクリスマスアレンジメントをお作りいただくワークショップが開催されます。カジュアルなアレンジメントですのでお気軽にご参加下さいませ。

「白樺のクリスマスアレンジメント」2018年11月4日(日) 11:00-14:00 日本橋三越本店 本館7階はじまりのカフェ

日本橋三越本店はじまりのカフェ

KAYO AOYAMA カットクロス
2018.10.16

KAYO AOYAMA カットクロス

テキスタイルデザイナーKAYO AOYAMAさんのカットクロスが作家さんご用達オンラインストア・ROSE ROSAさんで販売スタートしました。水彩画のような色彩とラインが特徴の人気テキスタイルがカットクロスでご購入いただけます。

ROSEROSA【KAYO AOYAMA】

リボンクラフトの可能性
2018.10.15

リボンクラフトの可能性

フランス製リボンをメインの材料とし、あえて糸針ではなくグルーや両面テープで作品に仕上げる「リボンクラフト」の可能性を感じます。フランスのラグジュアリーメゾンが使用するほど上質で美しいリボンで作る贅沢なクラフト、素材を活かすデザインによりウエディングアイテムにも。

リボンクラフト協会

藤子不二雄A展
2018.10.14

藤子不二雄A展

藤子不二雄Ⓐ氏の漫画は、子供にとっては大人社会ののぞき見気分で、大人にとってはシニカルさに苦笑し、あらゆる世代に支持されているそうです。ブラックな部分と同時に、奇妙な世界・変コレクションが紹介されるとか。デートスポットにもなるような幻想的な空間演出もあるそうです。

☛『藤子不二雄(A)展ー(A)の変コレクションー』 2018年10月19日(金)‐2019年1月6日(日) 六本木ヒルズ森タワー52F屋内展望台

動物保護チャリティオークション@銀座 靖山画廊
2018.10.13

動物保護チャリティオークション@銀座 靖山画廊

「Dog Shelter」動物保護活動団体に全額寄付されるチャリティーオークションが銀座・靖山画廊さんで開催されます。同画廊で展示会をされた羊毛フェルト作家ウールーシュシュ主宰・えのきぞえけいこさんもご尽力されている保護活動を応援する企画です。お気軽にお立ち寄りください、とのことです。

靖山画廊コメントより

「ペット産業の増加に伴い、動物たちの命が軽んじられ、傷つけられる悲しい現状があります。人間都合主義ではなく、長い歴史を共存してきた仲間として、家族として愛し、慈しむ心を共有したいと願います。今回の特別企画を通して動物の保護、福祉活動の一助になれば幸いです。」

2018年10月14日(日)14:00-16:00 靖山画廊 東京都中央区銀座5-14-16 銀座アビタシオン1階 

靖山画廊

*こちらはえのきぞえけいこさんの作品です。

募集中【布ぞうり作り】
2018.10.12

募集中【布ぞうり作り】

布ぞうり用のコットン糸「Jono Jono」を使用し組み編みして両足分を作る1日講座を開催いたします。秋冬の温かいお部屋で裸足で履く室内履きとして、飛行機で、と大人気のアイテムです。作るのはちょっと…という方のために製品をご購入いただけます。日本土産がコンセプトの中川政七商店「日本市」日本橋高島屋新館店の一番目立つ場所で販売されていますヨ。

1日講座の詳細・お申込み☛日本橋三越カルチャーサロン

美しさ再認識 京都西陣発【日本刺繍】
2018.10.11

美しさ再認識 京都西陣発【日本刺繍】

90年前から京都西陣を拠点に日本刺繍を継いでこられた「中村刺繍」さんのワークショップが和文化を大切にしている日本橋三越にて開催されました。フランスオートクチュール刺繍しかり、緻密な刺繍は発祥地は違っても装置、道具、材料と共通点も多く、美しさを追求する気持ちさえも通じるものがあるように思います。日本刺繍の絹糸の光沢、発色、多様な色ラインナップにうっとり、こちらの紅葉の桐箱は中村彩園さんの作品です。日本刺繍の美しさに感動しました。

nihonshishu_1.jpg nihonshishu_2.jpg nihonshishu_3.jpg 

残席僅か【斉藤千里さんのヴィクトリアン手芸】
2018.10.10

残席僅か【斉藤千里さんのヴィクトリアン手芸】

ヴィクトリアン手芸作家・斉藤千里さんの定期講座が日本橋三越カルチャーサロンで開講します。厳選した材料を使用しロマンチックで優美な小物を時にはリボン刺繍で飾ったりしながら仕上げていきます。若干名様のお席がございますので、ご興味のある方はぜひご検討下さいませ。

2018年10月23日(火)より

日本橋三越カルチャーサロン

世界に誇る日本製ボーンチャイナ
2018.10.09

世界に誇る日本製ボーンチャイナ

名古屋の陶磁器メーカー・ナルミ(鳴海製陶株式会社)が数十年前に製造し、かつては舶来品商社でもあった丸善とのダブルネームで販売されていました。日本の植物をモチーフに和洋折衷なデザイン性、乳白色で滑らかな質感と透光性が特徴の最高級磁器、ボーンチャイナです。センスと技術の両方を兼ね備えている日本のものづくりの素晴らしさを再認識する逸品です。

百貨店らしい企画・フルオーダーメイド
2018.10.08

百貨店らしい企画・フルオーダーメイド

大人服のみならず、こども服もデザイン画から起こし採寸、仮縫いまで行うフルオーダーメイドで製作する新サービスが日本橋三越で始まっているそうです。評判が良いそうです…とても百貨店らしい企画、あるいみ原点回帰とか。わたくしたちが企画監修させていただいている「日本橋三越カルチャーサロン」でもオーダーメイドのパーソナルレッスンがあるのです。

customsmade.jpg

雰囲気のあるギャラリー
2018.10.07

雰囲気のあるギャラリー

本日まで開催されているヴィクトリアン手芸作家・斉藤千里さんほか人形作家さん4名の展示会-irodori-に伺いました。蔦がからまる外壁の建物にあるギャラリーはとても良い雰囲気でした。毛糸のアヴリルさん吉祥寺店を通り過ぎてしばらく進むと緑が目に入ります。自然光が入る四角いお部屋に窓際のスペースはワークショップに良さそうです。作風にマッチするようでしたら展示会等にお勧めのギャラリーだと思います。

gallery re.tail

こどもプロジェクト・ドローンプログラミング
2018.10.06

こどもプロジェクト・ドローンプログラミング

小学校のプログラミング授業が2020年4月から必須科目になるようですね。こども達には算数、国語と並列にあるプログラミング・・・そこで、TOMAS、伸芽会経営の体験型教育プラスワン主催「ドローンのプログラミングと飛行操作に挑戦しよう」1泊二日ツアーが御殿場の広い空のもとで開催されます。こども教育のプロによるドローン体験です。

詳細☛プラスワン

江戸の伝統工芸・木目込み
2018.10.05

江戸の伝統工芸・木目込み

雛人形をはじめ「木目込み」といえばお人形ですが、近頃は木目込みの技術を用いた手鏡や桐箱が人気のようです。6代目塚田詠春さんの作品は、筋彫り、綿布下張り、ちりめん貼り飾りと手間暇の掛かる彫刻と絹絵を融合したような逸品です。桐箱の見事なアレンジで大成功されている京都・箱藤さんのような江戸発の木目込みブランドになりつつあるそうです。

kimekomi.jpg

斉藤千里さんのヴィクトリアン手芸ドール展示会
2018.10.04

斉藤千里さんのヴィクトリアン手芸ドール展示会

ヴィクトリアン手芸・ドール作家 斉藤千里さんほか4名の作家さんによる展示会 ~irodori~が開催されています。ドール以外にハンドメイド作品の展示販売やワークシップもあるそうです。大人ロマンチックな世界が広がっています。2018年10月7日(日)まで。☛gallery re:tail

 

斉藤千里さんの定期講座「ヴィクトリアン手芸」

10月23日(火)~日本橋三越カルチャーサロンにて開講

☛日本橋三越カルチャーサロン


スウェーデン毛糸物語
2018.10.03

スウェーデン毛糸物語

北欧の文化、手工芸を約50年にわたりご紹介されているヤマナシ ヘムスロイドさんでスウェーデン毛糸に関する展示とワークショップが開催されています。手芸シーズンになり”編みたい!”に火が付きそうです♪

「スウェーデン毛糸物語」 2018年10月23日(火)まで ヤマナシ ヘムスロイド・ミモザギャラリー 東京都港区北青山1-5-15

インゲヤード・ローマン展
2018.10.02

インゲヤード・ローマン展

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年イベントの一環で開催されている北欧を代表するデザイナー・陶芸家 インゲヤード・ローマンの展示会が開催されています。シンプル美を極めた機能性重視のガラス食器や陶磁器類が評価されているそうです。IKEA以外にも香蘭社木村硝子店など日本のメーカーとのコラボレーションも。

「インゲヤード・ローマン展」 2018年12月9日(日)まで 東京国立近代美術館工芸館

 
 
 
感情と理性
2018.10.01

感情と理性

オーストラリア発の植物系スキンケアブランド「Aesop」(イソップ)は20-30代の男性からも支持されている通り、ユニセックスな商品展開が特徴。スキンケアにとどまらず初めてのインテリアアイテムは、工業デザイナーがデザインした彫刻のようなアロマオイルバーナー、美しくて超絶シンプルなフォルムが印象的です。既成のカテゴリーを売るだけではなく、形式にとらわれず感性がマッチングするのであれば、物でも事でも提供していく時代、のようです。

Aesop

1