HOME > NEWS & TOPICS > 2019年1月

NEWS&TOPICS

2019年1月記事一覧

フィロザ美南さんのオートクチュール刺繍
2019.01.31

フィロザ美南さんのオートクチュール刺繍

ヴィンテージの雰囲気あふれる華美なディスプレイはオートクチュール刺繍作家・フィロザ美南さんの作品です。コンサバティブななかに程よい甘さと遊び心のあるデザインは若い世代からも支持されています。フランス製スパンコールとチェコビーズを中心に豊富な品揃えが人気のオンラインストアも運営されています。

F_beads.jpg ☛小さな手芸屋さん

L'heure Bleue(ルールブルー)というサロン
2019.01.30

L'heure Bleue(ルールブルー)というサロン

目利きオーナーがフランスから買い付けるハンドメイド素材のオンラインストア【L'heure Bleue】(ルールブルー)さん。ドレスの装飾用に軽減された空洞のヴィンテージビーズ、シャネルが特注したヴィンテージシャネルボタンなどなどロマンあふれる商品が揃っています。直接見てお買い物ができる年1回のイベント「Salon de L'heure Bleue」(サロン・ド・ルールブルー)は年々盛況に。

☛L'heure Bleue

ハイブランドにみる手芸・手仕事 8
2019.01.29

ハイブランドにみる手芸・手仕事 8

ジャケットのボタン4つ全てに装飾されているローズとリーフ、このフォルムはまさに「リボンクラフト」のテクニック、リボンフルールのオールドローズ

GUCCI

oldrose_ribbonfluer.jpg ☚こちらは安藤れい子さんの「リボンクラフト」オールドローズ

ハイブランドにみる手芸・手仕事 7
2019.01.28

ハイブランドにみる手芸・手仕事 7

ボタニカル柄コットンチーフのフレームに施されているレース編み、かわいい!

Ferragamo

ハイブランドにみる手芸・手仕事 6
2019.01.27

ハイブランドにみる手芸・手仕事 6

職人仕事のスパンコール刺繍、全てのパーツが同色で施されています

CELINE

ハイブランドにみる手芸・手仕事 5
2019.01.26

ハイブランドにみる手芸・手仕事 5

スパンコールに、スパンコールのような使い方をしているボタン、ボタンとクリスタルパーツの重ねづけ、が刺繍されているゴージャスなジャケット

Ferragamo

ハイブランドにみる手芸・手仕事 4
2019.01.25

ハイブランドにみる手芸・手仕事 4

ミシン刺繍のモチーフとアイテムのアンバランスがモード???なスニーカー

BALLY

ハイブランドにみる手芸・手仕事 3
2019.01.24

ハイブランドにみる手芸・手仕事 3

大胆なパールビジュー刺繍でもデニムの生地がフォーマル過ぎないワンピース

CELINE

ハイブランドにみる手芸・手仕事 2
2019.01.23

ハイブランドにみる手芸・手仕事 2

エレガント過ぎないモヘアのマフラーにビーズ刺繍

PRADA

ハイブランドにみる手芸・手仕事 1
2019.01.22

ハイブランドにみる手芸・手仕事 1

ハイブランドファッションは手芸・手仕事のヒントの宝庫♪ 大きなマーケットでも美しい仕上げを施すためには手芸・手仕事は必須です。既成概念にとらわれない素材の使い方、バランス等々、非常に参考になります。 

匠の技を取り入れた商品に定評のあるGUCCI、フラワービジュー、パールビーズ、スパンコールで刺繍されているコートです。

ブーム♪ お人形チャーム
2019.01.21

ブーム♪ お人形チャーム

ユニークなモチーフとモード感が人気のハンドメイドアクセサリーブランド「MONMANNEQUIN」(モンマヌカン)さんのお人形チャーム”ショウガール”が2014年頃に登場して以来、MUVEILさんのグランマチャームルルベちゃん、その他いろいろなテイストのチャームが登場、どの子もかわいくおしゃれで大人になっても楽しめる(密かに持ち歩ける)お人形チャームがブームになるのも納得♪ *画像はおもいっきりモード系のPRADAです

 

monmannequin_showgirl.jpeg←MONMANNEQUIN「ショウガール」

リボンクラフト認定講師・養成講座10回目
2019.01.20

リボンクラフト認定講師・養成講座10回目

美しいリボンと様々な技法をひとつの作品に仕上げるクラフトをご紹介している「リボンクラフト協会」

 

全12回の認定講座、先月今月の2回で「リボンフルールのリース」を作りました。5つのリボンフルール、2枚のリース、そして3つのシングルボウをアレンジして仕上げました。

TV出演のお知らせ【元エルメス エキスパート・ナタリーさん】
2019.01.19

TV出演のお知らせ【元エルメス エキスパート・ナタリーさん】

元エルメスエキスパートのフランスマダム・ナタリーさんによる講座がおかげさまで好評です。昨年の「スカーフの巻き方」につづき「ストールの巻き方」を2月2日(土)開催いたします。いつも太陽のようなナタリーさんの日常の様子がテレビで放送されますのでご覧下さいませ。

BSテレ東「ワタシが日本の住む理由」1月21日(月)21:00-21:55 ☛予告動画 

 

講座詳細☛日本橋三越カルチャーサロン 

*オンラインが満席でも若干の空席がある場合がございますのでお電話にてお問合せ下さい。03-3274-8595(三越カルチャーサロン直

ドラえもんの「すすメトロ!」
2019.01.18

ドラえもんの「すすメトロ!」

世界的なアイコン、ドラえもんがアピールしている東京メトロのキャンペーン「すすメトロ!」は”こんなこと、できたらいいな”を叶える様々な取り組みです。30年ぶりに登場した丸ノ内線の新車両を紹介するシリーズの濃い赤と黒が印象的なヴィジュアルが評判だそうです。☛第11弾「丸ノ内線新型車両」

ジャポニズム浮世絵 巡回中
2019.01.17

ジャポニズム浮世絵 巡回中

全国巡回中の展示会「浮世絵最強列伝」は外国人来場者が非常に目立ちます。米国人コレクターの所蔵する浮世絵とあって、今を感じさせるジャポニズムを全面に出ています。日本伝統色で描かれた迫力のあるグラフィックの数々は必見です。

―サンタフェ リー・ダークスコレクションー浮世絵最強列伝 江戸の名品勢ぞろい!

こぎん刺し・世界に発信
2019.01.16

こぎん刺し・世界に発信

東北地方の民芸品とは知らず、新しさを感じて始めた10~20歳代や外国の方が多いそうです。こぎん刺しを色々な角度から、弾きつけるビジュアルで発信されている「koginbank」きっかけで、簡単に楽しめて中毒性のあるこぎん刺しに夢中になるファンが増えそうです。

☛koginbank

アクセサリー作家・swantailorさん❤︎大人っぽく甘く
2019.01.15

アクセサリー作家・swantailorさん❤︎大人っぽく甘く

「儚く脆いお砂糖で出来たようなアクセサリー」swantailor(スワンテイラー)さんの作品は、大人っぽさのあるロマンチックで甘いアクセサリーです。主な素材は樹脂粘土で驚くほど軽量に作られています。ほか細部へのこだわり、仕立てがプロ仕事、すべてが出色なのです。素晴らしい作品に出会えた幸福感でいっぱいになります♪ 

☛インスタグラム

チチレさんのフェアリーテイル刺繍
2019.01.14

チチレさんのフェアリーテイル刺繍

とにかく明るい…ストーリーのある刺繍「フェアリーテイル刺繍」のチチレさん、週末に開催されたハンドメイドジャパンフェスに出展されていました。やはり一番人気はキットだそうです。何1000という作家さんの作品が並ぶイベントでは更にオリジナリティが際立ち異空間、多くのお客様が足を止めていました。

☛チチレさんの定期講座開催中

絶妙!!!
2019.01.13

絶妙!!!

インテリアデコール協会の根本みきさんの作品は幅広いお客様に支持されています。オリジナル感を出し過ぎず、見慣れているかなと感じても他には無い等々全てが絶妙なのです。インテリアからチャームまで様々なラインがあり、プリンセスラインはチュールやツイード、ファーなど大人女子が好む素材を使用したコスチューム仕立てのチャーム、お人形過ぎないところ刺さるようです。

レース刺繍のテキスタイルから生まれるPJC
2019.01.12

レース刺繍のテキスタイルから生まれるPJC

オリジナルのエンブレース(布地に表糸と裏糸で機械刺繍を施したレース生地)で作るアパレルブランド「PJC」さんは手芸愛好家に絶大な人気を誇り、ミナペルホネンを支持する年代の次に層に響いているそうです。目白本店の他に日本橋三越本店・婦人服フロアにもご出店されていることから、昨年11月同フロアでのイベント「おとなのおけいこ」にお越しいただいたお客様たちもすっかり魅了されていました。☛PJC

PJCdetail.JPG

ハンドメイドキット販売の課題・デジタル化
2019.01.11

ハンドメイドキット販売の課題・デジタル化

”ビーズとデジタルの融合”はTOHOビーズさんがご提案されている新しいビーズ屋さんです。実店舗で商品を選ぶのは限界がある、ということで歴代商品のラインナップとレシピをQRコードから入手できる仕組みです。期間限定ショップでは初心者でも目が揃いきれいに仕上げられるシリンダービーズのキット「JAPAN DESIGN」が展示販売されていました。

beadsQR.jpg

入荷のお知らせ【ヨーロッパ製エンブロイダリーレース】
2019.01.10

入荷のお知らせ【ヨーロッパ製エンブロイダリーレース】

作家さんご用達オンラインストア【ROSE ROSA】さんから届いたヨーロッパ製のリンゴの刺繍レースがかわいいです! ピンクと赤の2色、1個35㎜の存在感あるモチーフが数珠つながりになっている嬉しい商品。切り離して巾着に、タオルに、カーディガンに、縫いつけてもOK ☛エンブロイダリーレース

ニット作家・毛塚みどりさんの新作
2019.01.09

ニット作家・毛塚みどりさんの新作

発想&デザイン、技術、知識が出色のニット作家・毛塚みどりさんの作品、がま口サイズのポーチです。後から縫い飾られているチュールリボンにはラ ドログリーの四角いビーズがところどころに配置されています。

毛塚みどりさんの1日講座<残席わずか>☛日本橋三越カルチャーサロン「かぎ針で編むがま口ポーチ

detail_tulleribbon.jpg

南仏のエスプリ
2019.01.08

南仏のエスプリ

フランス北西部の港町ブルターニュで生まれた缶詰・ラ・ベル・イロワーズ(La Belle-Iloise)はヴィジュアル、味・質ともに優れ物として日本でも百貨店催事など期間限定で見掛けるようになりました。特に魚介類のオイル漬けやスープはプロがうなる絶品、朝どれ?の魚を手作業で缶詰しているとか。どれもこれもがフォトジェニック、南仏のエスプリたっぷり♪ 公式サイトのショッピングカートは網目になっています。

ファストファッションとは対極の美
2019.01.07

ファストファッションとは対極の美

創業130年以上英国が誇るステーショナリーブランド【スマイソン】(SMYTHSONS)には普遍の美しさを感じます。極薄ペールブルーの紙・フェザーフェイトペーパーに、金の縁取り・ギフトエッジが特徴的なダイアリーは作家さんの定番アイテムとして毎年取り寄せられていらっしゃるそうです。新色が発表されるカバーはクロコ型押しレザーに上質なシルクの裏地、なんといっても粋なのはレフィルではないことです。

smython2019.jpg

今年来るらしい...イタリア製リネン
2019.01.06

今年来るらしい...イタリア製リネン

雑貨バイヤーによる2019年流行りそうなアイテムにリストアップされていたイタリア・ボローニャのホームリネン【ボルゴ デレ トヴァーリエ】(BORGO DELLE TOVAGLIE)。上質な素材にハンドクラフトで作られるシンプルと甘さをもつ絶妙なバランスのデザインは、でしゃばり過ぎずインテリアを引き立てて馴染むとか。

お江戸仕様
2019.01.05

お江戸仕様

日本橋にも国内外からの観光客が増えています。そんな日本橋の佐川急便は飛脚を強調したお江戸仕様、手荷物の一時預かり、宿泊先への当日配送、道案内など他には無いサービスが充実しているそうです。☛日本橋さくら通り手荷物預かり処

開催のお知らせ【リボンクラフト認定講師養成講座】
2019.01.04

開催のお知らせ【リボンクラフト認定講師養成講座】

第2期<2019年4月~2020年3月>の開催が決まりました。おかげさまで、第1期は即日満席の講座となり現在13名の方が今年3月修了を目指して頑張っています。次回より講座名をリボンクラフト講師「リボンクチュリエール」認定講座とし、更に皆さまとリボンクラフトの楽しさを共有できるプログラムにして参ります。

 【日時】毎月第3土曜日 11:00-13:00(予定)

 【会場】日本橋三越カルチャーサロン(日本橋三越新館9階)

お申込み開始は2019年3月上旬を予定しております。ご受講料他詳細につきましては追ってお知らせいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

キルト作家・上田葉子さんの印象派コラージュ
2019.01.04

キルト作家・上田葉子さんの印象派コラージュ

国際キルトフェスティバルの特別企画のひとつが印象派絵画との融合、ルノワールのロマンチックな絵画をコラージュされていた上田葉子さんとお教室の生徒さん方の作品がとてもかわいいのです! 独自にスタイリング、撮影、デジタルプリントした布地にファーやレース、チュール、シルクジョーゼット等々で装飾された画です。

☛上田葉子さんWS

お問い合せいただきありがとうございます
2019.01.03

お問い合せいただきありがとうございます

マスコミ関係の方々、特にテレビ局バラエティ情報番組の方から度々いただくお問合せ、”手芸をしている人口はどれくらいですか?”があります。特に昨年末はいつもにも増して同様のご質問や、簡単アドバイスのご要望が数件あり手芸人気を実感した次第です。手芸人口に関する件は文化庁のデータをご案内しています。詳しくはQ&A(よくある質問)のページをご覧下さいませ。
 
こどもクラフト
2019.01.02

こどもクラフト

10歳の女の子が作ったてんとう虫です。かわいい!!!

物質オンリーの消費から事、体験の消費に傾きはじめて数年が経ちました。”作る”が好きなこども達が増えていると教育現場にいる方からお伺いしました。イビツだけれど…こども達の作る作品はかわいいです!!!欧米のように成長の過程で”作る”の重要性が更に認知されるように、と願います♪

@こどもクラフト

1  2