HOME > NEWS & TOPICS

NEWS&TOPICS

百貨店の中の壮大な自然
2020.02.19

百貨店の中の壮大な自然

既存の枠組みを超えた商業施設のアートワークとして、同じ華道家(辻雄貴氏)による通年展示が髙島屋 S.C 新館2階で展開されています。2020年8月30日まで、24節季2週間で変化する山の風景を表現するとか。現在は春先取りの配色、桃色と黄色です。
歓迎されています...
2020.02.18

歓迎されています...

日本橋三越本店 新館6階に2/7オープンした「ビッグカメラ 日本橋三越」(意外と…)お客様から歓迎されているようです。説明が専門用語で分からない、聞きたいのに定員さんがいない、など家電量販店を敬遠されていた方も相談しながら安心してお買い物ができる、が理由とか。百貨店では珍しく、この売場だけ蛍光灯色の白い照明です。

富山発 ガラスのラグジュアリーブランド誕生
2020.02.17

富山発 ガラスのラグジュアリーブランド誕生

風光明媚で美味しい物の宝庫・富山は人気急上昇の観光地のようです。35年以上も前から”ガラスの街づくり”のお取組みもされているとか。世界に誇るガラスの新ブランド「富山アイコニック」の初お披露目展が開催されます。

〈富山アイコニック〉の誕生と輝くボンボニエール展 2020年2月19日(水)-3月3日(火) 日本橋三越本店 本館5階スペース#5
詳細
今期の組名は<ミモザ・mimosa>
2020.02.16

今期の組名は<ミモザ・mimosa>

提携しているリボンクラフト協会では、毎年4月から1年間のリボンクラフト講師「「リボンクチュリエール®」認定講座を開講しています。2、3月の2回でひと作品、リボンレイヤーのコフレを仕上げます、今期の組名は<ミモザ>、ちなんでミモザカラーの鮮やか色彩に。黄色をかわいく明るく、そして品良く使うのは非常に難しいとか。

かわいい! こどもがモチーフ
2020.02.15

かわいい! こどもがモチーフ

ゴッホ、ゴーガンなどナビ派の画家たちが描いた”こども”に焦点を当てた展覧会が開催されます。そこから、都市生活や近代芸術と子供との関係までも検証しているとか。油彩、版画、素描、挿絵本など約100点。開館10年目の記念展とのことです、期待しましょう!

「画家が見たこども展」 2020年2月15日(土)-6月7日(日) 三菱一号館美術館 東京都千代田区丸の内2-6-2

散りばめられている体験
2020.02.14

散りばめられている体験

バレンタインをはじめ百貨店の催事では体験(イートイン・ワークショップ)の割合が増加傾向にあるそうです。商品を購入するだけではなく、その場で体験した”ハッピー”の記憶は残りやすいとか。ハーバード大学・心理学教授ダン・ギルバート氏著『明日の幸せを科学する』(原題:Stumbling on Happiness)にも、物質より体験を買うことからの方が大きな幸福感を得られることが記されています。

ワイヤー入りリボンってどう使うの?
2020.02.13

ワイヤー入りリボンってどう使うの?

ワイヤー入りリボンはラッピング以外にどう使えるの?というお声があります。フレンチリボンクラフト作家・安藤れい子「ブルーローズのミニトート」のデザインを使いトートバッグをカスタマイズしてみました。ワイヤー入りリボンならでは針・糸を使わずにプリーツを作り接着、バランスを考えて無地ではなくロゴ入りトートにしました。

使用リボン

使用トートバッグ

講座もライフスタイル提案型
2020.02.12

講座もライフスタイル提案型

ライフスタイルごと提案して商品を販売するのが主流となりつつあるアパレル、雑貨店。事消費、手芸・クラフト講座もしかり、お客様のライフスタイルに相応しいプログラムを提案していく傾向にあります。

こちらはリボンクラフトのお客様の私物、すべて日本橋三越カルチャーサロンで作られた作品、神楽坂スリール・松谷佳愛子さん講座のジュリアンフォールのリボンバッグ、ペレ玲子さん講座のバッグチャームです。

気仙沼から笑顔と編物を連れてきてくれるマルティナさん
2020.02.11

気仙沼から笑顔と編物を連れてきてくれるマルティナさん

KFS梅村マルティンさんの1日講座「レリーフ編みのネックウォーマー」を開催させていただきました。マルティナさんの佇まい、お人柄、声、そして明るい作品に自然と笑顔になってしまいます。KFSスタッフの方々のお心遣いも欠かせない要素です。☛気仙沼FSアトリエ

martina202002.jpg

みんな大好きmt大集合!
2020.02.10

みんな大好きmt大集合!

マスキングテープの期間限定ポップアップストアとイベントが開催されています。会場限定商品やつかみ取りなんていうのも。2020年2月13日(木)まで。 AKOMEYA TOKYO in la kagū 東京都新宿区矢来町67 
後生に伝えたいサンプラー集
2020.02.09

後生に伝えたいサンプラー集

デンマーク刺繍教室「GRETHE」主宰・渡邊瑢子さんのサンプラー集が限定販売されています。デンマーク手工芸学校「SKALS HANDARBEJDSSKOLE」で学ばれた後、開校された刺繍教室の生徒さん用に制作された見本をまとめた1冊。美しい装丁にクラシック、エレガンス、かつシンプルで上品な作品を見ることができます。
紐の汎用性を商品化
2020.02.08

紐の汎用性を商品化

紐を使えるアイテムに企画製作している「line-R」さんがギフトショーに出展されていました。束ねる・繋ぐ・吊るす・挟む、使い方は無限大。そして、ユーザーのアイデア次第で更に使い方は広がる面白い商品です。☛line-R

アメリカンなアイテムはアメリカ製に限る
2020.02.07

アメリカンなアイテムはアメリカ製に限る

色、つや消し具合、表面の柄が存在感のあるパーツになっています。USボタンガローア社製の輸入ボタンです。ジミーチュウのスタッズばりにたくさん付けたトートバッグもかわいいと思います。作家さんご用達オンラインストア【ROSE ROSA】で取扱中です。

snowflakes.jpgグルーで接着できる足なしパーツ「雪の結晶」も

二大ブランド【京都x熊野】
2020.02.06

二大ブランド【京都x熊野】

広島県安芸郡熊野町の伝統工芸品「熊野筆」を京都の化粧筆専門店が企画した「花ほほ筆」です。束ねる時点から凹凸をつけてお花に成形しているとか、確かにカッティングではチクチクしますよね。山羊毛使用の販売価格3,000円という試供品ですが、春頃から入手できそうです。☛六角館さくら堂

ミモザとの相性抜群
2020.02.05

ミモザとの相性抜群

植物を使ったクラフト一番人気は断トツでラベンダー、次に続くのはミモザでしょうか? リースやスワッグ作りは大人気です。ミモザをクラスアップさせる一手間にフランスのワイヤー入りリボンは相性抜群です。束ねて結ぶだけでもワイヤー入りのリボンは装飾が立体的になります。イタリア発「ミモザの日」は3月8日です。

ザ・ギンザの文化
2020.02.04

ザ・ギンザの文化

「THE GINZA」といえば資生堂プレミアムラインのスキンケアブランドですが、世代によっては文化の発信地・ブティックの印象が強く。日本初のセレクトショップとしてジョルジオ アルマーニ、プラダ、アライア、ヘルムート ラング 、ドリス ヴァン ノッテン、アレキサンダー マックイーン他いち早く扱っていたとか。2009年にブティック事業から撤退、2010年ザ・ギンザビルは大改装され美容施設に。今でも資生堂の発信する文化はなんだか素敵!というイメージを持ちます。
 
春夏秋冬をテーマに日本を代表する染色家と彫刻家の展示会開催中
しきのいろ 志村ふくみ・洋子×須田悦弘 2020年3月22日(日)まで 11:00-19:00 *2/17、3/16 休館 ザ・ギンザ スペース 東京都中央区銀座5-9-15 銀座清月堂ビルB2F  画像:須田悦弘「椿」2004年
マスク完売...【布マスクの型紙・作り方】
2020.02.03

マスク完売...【布マスクの型紙・作り方】

「無料型紙工房ことろ」さんが公開されている立体布マスクの無料型紙と作り方をご案内させていただきます。メッセージ♥「作り方を丁寧に解説しているので初心者さんもチャレンジしてみてください。これまで再配布は禁止させていただいていましたが、紙に印刷したマスクの型紙を自由に再配布してOKということにしました。」とのことです。 ありがとうございます!!! 制作時間は20分~60分ほど。

☛詳細

幻のDIORオブジェに出会う
2020.02.02

幻のDIORオブジェに出会う

ディオールに貢献した方にのみ送られてくるらしいよ…と聞いていた幻のオブジェに出会いました。30センチほどの”プワゾンEDT”の大きなボトルです。本当に存在していました。

fahrenheit_dior.jpg *ファーレンハイトも

リボンクチュリエール® 3都市で始動します
2020.02.01

リボンクチュリエール® 3都市で始動します

2018年から始まったリボンクラフト協会(提携中)の認定講座、初めて誕生したリボンクラフト講師「リボンクチュリエール®」達がいよいよ4月から3都市(札幌・東京・博多)で始動します♪  どうぞよろしくお願いいたします。 ☛詳細

本日・明日【デッドストックのビーズで作るWS@表参道】
2020.01.31

本日・明日【デッドストックのビーズで作るWS@表参道】

手芸作家さんご用達フランス雑貨とギャラリーのgalerie doux dimancheで開催中の展示販売「Assemblage by Coin 〜コワンが集めた冬の贈り物〜」は2日(日)までです。本日と明日はニット作家・毛塚みどりさんのワークショップがあるそうです。☛詳細

ギャラリーに行く途中にははやりの人気店が点在、ミルクティ専門店CHAVATYタピオカミルクティの先駆けcomma tea など楽しめます

galleryD.jpg omotesando1.jpg omotesando2.jpg

シュタイナーと無形伝統文化
2020.01.30

シュタイナーと無形伝統文化

シュタイナー教育のルドルフ・シュタイナーは、5つの感覚(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)に7つの感覚(生命感覚・運動感覚・平衡感覚・熱感覚・言語感覚・思考感覚・自我感覚)を加え、異なる個性を調和的に導き入れ、個性はとらわれのない自由を獲得できると説いたそうです。結びつけました・・・伝統工芸・伝統芸能・民俗芸能の無形伝統文化を次世代につなぐ活動をされている「ポーラ伝統文化振興財団」の創立40周年記念展示会は、この”12の感覚”を手掛かりに各分野の作品・演技をデザイン的なアプローチで解体・再構築し「見る・体感」ができるように。まずは行ってみよう。

「無形にふれる」2020年2月16日(日)まで ポーラミュージアムアネックス 入場無料

今年はどちらの宝石にしますか?
2020.01.29

今年はどちらの宝石にしますか?

義理チョコ・友チョコ・本命チョコ、そして一番高額はご褒美チョコ(だそうです)。食べる宝石・チョコレート、世界の選りすぐりが集まる日本、なんて幸せなんでしょう~♪ バレンタインの盛り上がりを先導した伊勢丹は今年も熱いです!

「素材にまつわる」って良い言葉♪
2020.01.28

「素材にまつわる」って良い言葉♪

素材にまつわる展示・ワークショップのイベント「素材博覧会 横浜2020冬」が開催されます。なるほど!のネーミング、すべての物作りファンに当てはまり、回を重ねるごとに盛況になっているそうです。入場は無料! ありがたいです!

2020年1月30日(木)-2月1日(土) 横浜港大さん橋ホール ☛詳細

「せめて100年つづくブランドに」
2020.01.27

「せめて100年つづくブランドに」

という思いでスタートされたというミナ ペルホネン、”せめて”…物作りに携わっている方なら響く言葉だと思います。25周年を迎えたミナの物作りの哲学・創作アイデア、そして世界観を余すところなく紹介されている展覧会が開催中、必見!!! タイトルの「つづく」は時間的な継続性以外に、人や物が連鎖し何かを生み出す循環・つながるという意味も。

 

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」2020年2月16日(日)まで 東京都現代美術館

立体で作りたくなる
2020.01.26

立体で作りたくなる

Dolce & Gabbana(ドルチェ & ガッバーナ)のアイコン的モチーフ「薔薇」、平面のテキスタイルに立体のボタンやコサージュも「薔薇」づくし。リボンクラフトデザイナー・安藤れい子さんがリボンフルールを作る時の着想は生花や図鑑等だそうです。よりリアルを求めて立体的にお花を作りたくなる気持ちはエンドレス、日々進化しています。

d&g_botton.jpg

毛塚みどりさん展示・ワークショップ@表参道
2020.01.25

毛塚みどりさん展示・ワークショップ@表参道

ニット作家・毛塚みどりさんが表参道galerie doux dimanche(ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ)で開催される「"Assemblage"  by Coin コワンが集めた冬の贈り物」にご出展されます。札幌のおしゃれな方が集うセレクトショップ Coin(コワン)のPOP-UPストアです。バレンタインギフトにもなる靴下、紅茶、焼き菓子、毛塚みどりさんのニット小物・アクセサリー販売、そして会期中2日間(1/31、2/1)はワークショップをされるそうです。 2020年1月28日(火)-2月2日(日) 12:00-19:30 月休 ☛詳細
doliminue_ws.jpg *ワークショップ(デッドストックのフランス製ビーズ、チェコビーズ、スワロフスキーのネックレス)
珍しくなくなってきたメーカーさんの体験提供
2020.01.24

珍しくなくなってきたメーカーさんの体験提供

メーカーさん主催のワークショップが日常的に体験できるようになりました。豊富な材料、リーズナブルな価格、耳より情報などなどお得が嬉しいところ。こちらは作家さんご用達オンラインストア【ROSE ROSA】作家のまりとみさんが、イベントでのコラボワークショップでのロゼットです。 ☛使用材料

【おとな手芸】素材にこだわる
2020.01.23

【おとな手芸】素材にこだわる

「着てて気持ちイイ素材は編んでて気持ちイイ」ニット作家・サイチカさんがおっしゃった言葉、手編み用にふっくら撚ったピュアカシミアを使われるそうなので、ひときわそのように感じるのでしょう。どんな既製品よりも贅沢、手間暇の掛かるハンドメイド、どうせなら作る過程も気持ち良くしてくれる上質素材を使いたいですね♪

花言葉は「夢かなう」
2020.01.22

花言葉は「夢かなう」

紫陽花をはじめ青い花はありますが、青い色素を持たない薔薇には青色は存在しない、そのため青い薔薇の花言葉は「不可能・存在しないもの」だったそうです。ところが、2002年バイオテクノロジーの力で青い薔薇が日本で誕生、そこから花言葉も一変「夢かなう」に。こちらはリボンクラフト作家・安藤れい子さん作、フランスのワイヤーエッジリボンで作られた奇跡の薔薇「ブルーローズ」です。
発酵バターは至福の香り♪ The 本物
2020.01.21

発酵バターは至福の香り♪ The 本物

サブレってビスケットとは違うの? 発祥の地・フランスロワール地方の町”サブレ”で作られる、フランス産発酵バター100%の丸型ビスケットこそ本物の”サブレ”と呼ぶそうです。1670年代この町に住んでいた伯爵夫人のレシピがオリジン、今も変わらず作り続けている「ラ・サブレジエンヌ」は青山店、日本橋三越にも出店。素敵なパッケージ缶も魅力です。

ここがおちつくんです...
2020.01.20

ここがおちつくんです...

リラックマの生みの親サンエックス社のナンバー2『すみっコぐらし』大人女子、男子にも支持されているとか。隅っこが好きでコンプレックスも見え隠れ、かわいさと悲哀の絶妙なバランスが所以。この子たちのセリフ「ここがおちつくんです」…(笑) 大人も子供も疲れている時代、キーワードは「ほっこり・ゆるい・いやし」だそうです。