日本手芸協会

手芸作家

西村知子
  • 西村知子
  • 西村知子
  • 西村知子
  • 西村知子

tette 

西村知子

Tomoko Nishimura

京都府京都市生まれ。おとめ座。

 

幼い頃、母が編み物のお稽古に行く間、祖母の家でおうどんの出前を楽しみに祖母の編み地集や編み物の洋雑誌を見せてもらっていたのが編み物にまつわる一番古い思い出です。その祖母が10歳の誕生日に贈ってくれた編み込みのワンピースは今でも宝物です。幼少期は京都で過ごしましたが、小学校に上がる前に渡米しアメリカの生活の中のハンドメイド文化に触れることができました。初めての編み物もちょうどその頃です。8歳の時に近所のスーパーマーケットで買ってもらったかぎ針と毛糸で編んだ長編みのポーチです。棒針は京都で過ごした高校時代に初めて挑戦し、ウェアものや小物を作っては友人にプレゼントしていました。それ以降も学生時代から社会人になった当初も編み物は趣味として続けていましたが、仕事上の都合で上京。しばらくは仕事に専念するため編み物を封印した時期もありましたが、短い人生、悔いのないように! と、本格的に編み物を学ぶことを決心し、手あみ師範を取得。ちょうど師範の講座に通っている時に近所のアンティークと手作り雑貨のお店で編み物のお教室を開催、小物を置いてもらうご縁に恵まれました。

 

現在は、かぎ針編み、棒針編みの技法に加え、知名度の低い「魔法の一本針」を多くの方に知ってもらうために、魔法の一本針を用いた作品も提案しています。

 

趣味は毛糸屋さんめぐり、手作り全般、旅行、ランニングなど体を動かすこと。

 

世田谷区社会福祉協議会支援の子育てサロン Mama Commons(ママコモンズ)で小さいお子さま連れのお母さんにも手編みに親しんでいただけるように、ゆび編みを中心とした安全で簡単に仕上がる作品の手編み講座を毎月開催。また地元のカフェでのオリジナル小物のワークショップ等を開催。海外の作家さんが来日される際のコミュニケーションのお手伝いをすることもあります

 

「一本の糸から編地や形を作り上げ、色や素材を楽しむ手編みのおもしろさを出来るだけ多くの方に知っていただきたいです。特に未経験の方や一度は挑戦したけど挫折してしまったと言う方に、難しく考えずに楽しんでいただけるキッカケ作りができれば嬉しいです。」

 

ホームページ http://tette-knits.com/