HOME > NEWS & TOPICS > 2021年6月

NEWS&TOPICS

2021年6月記事一覧

ミニサイズ良いですね~
2021.06.15

ミニサイズ良いですね~

ひとくちサイズのスコーン、袋入りお菓子では見掛けたことがありますが、本格的なものでは初めて? 上下に割るだけで、そのままでも一口で入るサイズなので、カスが少なく、見た目もカワイイです。この、ちょっとしたアイデア、日々見つけていきたいですね。

暮らしに馴染む作品づくり
2021.06.14

暮らしに馴染む作品づくり

木の実デコール・Pure Bloom まきのゆきさんの作品を、あるお宅で拝見しました。サロンレッスンをされている先生方の作品は、暮らしに取り入れる、を念頭に作られていることが多いので、お部屋に馴染むのかなと思います。

リボンで作るカラー
2021.06.13

リボンで作るカラー

ふんわり加減、光沢がフランスリボンで表現したカラーです。シンプルなフォルムだからこそ、素材感やサイズ、バランスが難しいようです。こちらはリボンクラフト作家・安藤れい子さんの作品です。

レーシーなアップリケで夏服をカスタマイズ
2021.06.12

レーシーなアップリケで夏服をカスタマイズ

子供っぽくならないリボンモチーフのレースアップリケ、Tシャツに縫いつけて長さ5センチがちょうど良い存在感に。お子さまの無地Tシャツにプラスすれば、一気にプリンセス感が出ちゃいますね。作家さん御用達オンラインストアでお取扱い中です。☛ROSE ROSA

デザイナーさんもこのテイストがお好きと
2021.06.11

デザイナーさんもこのテイストがお好きと

イタリア・フィレンツェ「Aprosio & Co.」Hand made jewellery and accessories in glass and crystals beadsはクール、デコラティブ、キュートと様々な作品を発表されています。日本では犬やクマ、サクランボのようなかわいいモチーフが人気、実はデザイナーのオルネラ・アプロシオさんもこのテイストがお好きのよう。
美味しいのは当たり前、その先にあるもの
2021.06.10

美味しいのは当たり前、その先にあるもの

日本中にあふれる研ぎ澄まされた美味しい食べ物、そこから抜きんでるための見せ方、そこにはデザイナーさんが関わっているのでは? こちらの長崎県島原手延素麺「絲暦」、従来のお素麺からすればきれいに仕立てられていますが、更に洗練の域にまで昇格させたお品に関心します。☛島原手延素麺「絲暦(いとごよみ)」黒ごま麺詰合せ

PLUSは文房具だけではない
2021.06.09

PLUSは文房具だけではない

文具・事務用品のメーカーPLUSのキッチンばさみが優れている、とお料理好きの先生数名からお聞きました。”調理器具として使い勝手をとことん追求した料理はさみ”とうたわれているだけあり、細部まで行き届いている非常に日本的な道具です。

☛フィットカットはさみ

このコラボはアリ~♪
2021.06.08

このコラボはアリ~♪

美しすぎるお道具はイタリア製
2021.06.07

美しすぎるお道具はイタリア製

こちらのハサミの美しさに心惹かれました。イタリア・プレマックス社製、刃先までテフロン加工されたマットな黒一色、長さ10.5センチです。プレマックス社のこだわりには天晴れ、同じサイズで刃先がカーブしているタイプも製造しています。☛こちらでも

この時期限定のアレンジメント@三越カルチャーサロン
2021.06.06

この時期限定のアレンジメント@三越カルチャーサロン

deuxR さんのドライフラワー

秋の実とシャクヤクのリネンバスケットアレンジ

 

地厚リネンをバスケットにして、ドライの実とシャクヤクをアレンジします。さわやかで涼しげな作品を、皆さまの暮らしにいかがですか?

 

2021年9月23日(木祝) 14:00-17:00

詳細・お申込み

*満席の場合にはお電話(03-3274-8595)にてキャンセル待ちを承ります。

ビヨンドザリーフ初ワークショップ@三越カルチャーサロン
2021.06.05

ビヨンドザリーフ初ワークショップ@三越カルチャーサロン

ビヨンドザリーフ認定講師・大原澄江さん

「ヘンプ」バッグ~ポシェットサイズ・2回


40代を中心に爆発的人気を誇るBEYOND THE LEAR(ビヨンドザリーフ)さんのニットバッグ。日本橋三越カルチャーサロンで初めて開催させていただく2回講座では、ヘンプ(麻)の糸で長財布とスマホが入るサイズのバッグを編みます。

 

2021年7月29日(木)、8月2日(月) 2回14:00-17:00

☛詳細・お申込み

*満席の場合にはお電話(03-3274-8595)にてキャンセル待ちを承ります。

秋に向けてビーズ刺繍バッグ@三越カルチャーサロン
2021.06.04

秋に向けてビーズ刺繍バッグ@三越カルチャーサロン

KeiFerida さんのビーズ刺繍・サコッシュ

 

秋に向けてビーズ刺繍のサコッシュを3回で作る講座です。サコッシュは…という方のために持ち手の長さは変えられます。丁寧なお仕立てで評判のKeiFeridaさんがほとんど縫製して下さいますので、おしゃれしてお出掛けする時にお持ちいただけます。


2021年7月21日、8月18日、9月15日 全て水曜日14:00‐16:00
*満席の場合にはお電話(03-3274-8595)にてキャンセル待ちを承ります。
これを懐かしむあなた、50オーバーですね♪
2021.06.03

これを懐かしむあなた、50オーバーですね♪

象印魔法瓶の花柄復刻シリーズが懐かしすぎます~ノスタルジーですね~。1970年あたりから販売されていた花柄、今見るとサイケ調で古くない、電気ポットじゃないところも徹底してます。冷たい飲み物を入れておくのにGOODかも。

感情の整理をしたい時に
2021.06.02

感情の整理をしたい時に

子供の進路、夫婦のわだかまり、義母への不快感、ママ友への不信感、大切な人との別れ、などなどから生まれる出来れば避けたい感情。そんな事をふと考えた時に勧められた映画『インサイド・ヘッド』。なんとディズニー/ピクサー制作、子供の頭の中にいる5つの感情を擬人化したストーリーですが、子供よりも大人向け、監修に著名な心理学者ポール・エクマン氏がついています。アメリカでは人生の処方箋とも言われているほど評価の高い作品です。☛解説
物づくりの喜びを2割増しする?
2021.06.01

物づくりの喜びを2割増しする?

物づくり、体験から感じる幸福度は、物を買う体験よりも増すというのは科学的にも証明されています。ただでさえ心が満たされる物づくり、もう少し欲張って…喜びを増やせるとしたら、それは知識を得ることかなと考えます。ということで、横須賀美術館で開催されている「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」は、刺繍という技法を様々な時代、地域でどう表現に取り入れられているか、を知る展示会です。2021年6月27日(日)まで ☛詳細
1