HOME > NEWS & TOPICS

NEWS&TOPICS

マリメッコが作るストリートファッション
2021.01.23

マリメッコが作るストリートファッション

マリメッコ(MARIMEKKO)が新しく展開しているのはストリートウエアの「マリメッコ キオスキ」(MARIMEKKO KIOSKI)だそうです。ストリートウエアがハイファッションとして認知されてはいるものの、ウニッコをモチーフにしたオーバーサイズのアイテムは受け入れられるでしょうか? ☛Marimekko Kioski

ようやくお声が掛かったね...遅いよね!
2021.01.22

ようやくお声が掛かったね...遅いよね!

GUCCIがドラえもんとコラボ! エピローグコレクション(休暇を意識したカテゴリーのことだとか)に登場しています。K-POPアイドルなら似合いそうなスター同士の共演。スマホケースかわいいです。*ドラえもんに敬意を、先し記されています

☛DORAEMON X GUCCI

超楽しみなイベント★スケジュール帳にチェックしとこう♪
2021.01.21

超楽しみなイベント★スケジュール帳にチェックしとこう♪

ミナ ペルホネン(mina perhonen)とのコラボで、ポーター、ムーンスター、ストウブ、ピエールエルメ、スープストック東京の商品が期間限定で一堂に会するイベントが3月に開催されます。テーマは「衣食住遊知」…全部ですね。まだまだ先なんて思っていると忘れてしまうのでスケジュール帳に書きました。伊勢丹新宿店本館6階 2021年3月24日(水)‐3月29日(月) 2月17日(水)から特設サイトがオープン

☛“ Dear Friend, Department ”minä perhonen in ISETAN SHINJUKU

集大成のような著書が出せる作家さん
2021.01.20

集大成のような著書が出せる作家さん

ハウツー本ではなく、後世に残しておきたい経験、研究を著書として出版できる手芸作家さんは下田直子さん小倉ゆき子さんと数える程しかいらっしゃいません。伝統工芸の世界ではもう少し多いかもしれませんね。組紐研究家・多田牧子さんの著書『組紐の2500年』は歴史的、社会的背景を交え読みやすい1冊にまとめて下さっています。

気の利いたミニギフト
2021.01.19

気の利いたミニギフト

気の利いたギフト特集でよく目にする京都「俵屋旅館」の石鹸です。お香のような少し燻した香りはサンダルウッド・パチュリー・ラブダナム、甘くない花の香りはローズ・ジャスミン・ラベンダー、ほか全て天然香料200種をブレンドし製造は花王が担ったスペシャルだとか。

組紐の歴史は2500年
2021.01.18

組紐の歴史は2500年

組紐は古代アンデスにもあったことから2500年の歴史とか、その古代アンデス文明の貴重なコレクションと精緻で美しい日本の組紐、そして第一人者・多田牧子さん監修の新しい組紐が一堂に会する松屋銀座7階のデザインギャラリー。南米の赤?でしょうか、真っ赤な壁に日本の組紐が映えて美しいディスプレイです。2021年1月25日(月)まで 組紐の2500年

忍者インク?
2021.01.17

忍者インク?

いかにも海外を意識したネーミング「NINJAINK®」スマートフォンやデジタルカメラのフラッシュで撮影すると印刷が浮き上がるソニー・デジタルエンタテインメント・サービスの特殊印刷技術なので、想像もできない展開があるのかもしれません。この状態から撮影するとベアブリックBE@RBRICKが現れました。
IMG_9846.JPG
見せ方がすばらしい美術館
2021.01.16

見せ方がすばらしい美術館

女性好きする題材選び、PRが秀逸のパナソニック汐留美術館、同じ題材でもこうも変わる?と思ってしまいます。若干甘めのポスターなど宣伝素材、概要は「古代オリエントの香油壺にはじまり、近代ヨーロッパの生活を華やかに彩った陶磁器やガラスで作られた様々な香水瓶など異国の香りの器。」から始まります。☛パナソニック汐留美術館

一方、昨年の三重県立美術館での開催は公立らしく限定的ではないビジュアルでした。

2020919-1213.jpg

「藍染」どういうイメージをお持ちですか?
2021.01.15

「藍染」どういうイメージをお持ちですか?

工房は徳島とNYブルックリンの2か所、藍の素となる蒅(すくも)の栽培、染色、デザイン、仕上げまでを一貫して行っている「BUAISOU」は固定観念一切無しのかっこいい物作り集団です。世界で人気を博すジャパンブルーをベースに、見せ方、ストーリー、そして勝ち方が素晴らしすぎます、何を売るかではなく、どう売るかの見本中の見本です。☛記事・BUAISOUってどんな人たち?

アメリカ国民白人は少数派...にも驚きましたが更に
2021.01.14

アメリカ国民白人は少数派...にも驚きましたが更に

アメリカ16歳未満の人口構成で白人が少数派に、ヒスパニック・黒人・アジア系の人口が過半数を超えているそうです。とても驚きました。それに連動して音楽においてもR&B・ヒップホップが全体売上の1/3で実はロックより売れている、R&B・ヒップホップは世界で売れているジャンルなのだとか。世界的に成功している企業は着々と準備中

デザインにこだわる百貨店、伊勢丹ではありません
2021.01.13

デザインにこだわる百貨店、伊勢丹ではありません

あたらしもの好きのしゃれた経営者が好む百貨店、現在は伊勢丹新宿店ですか? その昔はダントツ「銀座松屋」だったとか。流れをくんでか2年前の150周年には”デザインの松屋”を再強化、東京メトロ銀座駅からの地下道には佐藤卓氏のディレクションでタイル張りの「松屋デザイン」ほか空間作りがなされています。
IMG_9799.jpg
心の健康に最も悪いSNSは?
2021.01.12

心の健康に最も悪いSNSは?

イギリスの保健所調査によるとインスタグラムだそうです。投稿する側は最高の場面を、見る側は暇な時に、そこから生まれる自分との比較、これが最悪といわれる理由です。比較してよい唯一の事は過去の自分、昨日の自分よりも小さな成長が幸せの種だそうですよ。

☛世界で初めて”自分への優しい気持ち”の学術研究を行ったドクター・クリスティン・ネフ氏

抱き続ける羨望の念
2021.01.11

抱き続ける羨望の念

講座を企画させていただく作家さん方の創造性にはいつも心からの尊敬、羨望の念を抱きます。世界を席巻するミュージシャンや世界的アワードに輝くアート同様に、わたしたちの暮らしに根付いたクリエーション活動をされているのが作家さん方です。それを日本橋三越カルチャーサロンのスタッフと一緒に日本一の価値でご提供させていただける、ありがたい限りです。

お菓子作りにおいてもクリエーション・クラフトの粋を作ったSakura Bloom Sweetsさん、こちらはウエディングケーキです。

寺社だって必死です
2021.01.10

寺社だって必死です

お守りが欲しい、だけど昔ながらのあれは要らない、そう思いませんか? 近頃多くなった寺社の美しいホームページや物販、これも特許庁が推進しているデザイン経営のひとつですよね。大田区池上の實相寺はお守り袋がカスタマイズできることで有名になりました。大宰府の宝満宮 竈門神社(かまどじんじゃ)はインスタフォロワー1.2万人というマーケティングに長けた神社、既成概念にとらわれないお守りも光っています。 こちらは”仕事結び守り”です。

美味しさ+映えのケーキ作りに邁進
2021.01.09

美味しさ+映えのケーキ作りに邁進

新刊『フラワーケーキ&デコレーションBOOK』で刺繍を題材にした繊細なデコレーションを披露したSakura Bloom 長嶋清美さんケーキの基本は美味しさ、美味しくなければイヤだとおっしゃって、美味しくてきれいな映える作品作りをされています。手芸クラフト作品でも見えない部分、裏面も美しく仕上げるのがプロの仕事、そこも生徒さんとの違いかもしれませんね。

食卓にも使えそうなエディブルフラワー
2021.01.08

食卓にも使えそうなエディブルフラワー

日本には根付かなかったガストロノミー(フランス語で美食、テクニック・素材・創造性を駆使して美食を追求する文化)、その頂点のシェフ、Heinz Beck氏(ハインツ・ベック)食べられる植物、エディブルフラワーを積極的に取り入れたことから普及したとか。近頃は洋菓子に取り入れているのを見掛けますね。小ロットで購入できるようになり、お子様のお誕生日や冷たい飲み物に入れてもきれいです。外出がままならない日々に少しだけ目先が変わりそうです。

今日仕舞わなくても大丈夫です!
2021.01.07

今日仕舞わなくても大丈夫です!

お正月飾りは今日まで。でもでも、ドライフラワー・アーティフィシャル・クラフトで作れば暫く飾れます。作家さん曰く、クリスマスリースよりもお正月飾りの方が安価できれいな商品があるとか。ということはワークショップには向かないのかもしれまえん…。こちらはリボンクラフト作家・安藤れい子さんの作品、ギャザードローズ3輪とリボンワークが施されています。

外出制限中のパリから届いたメッセージ
2021.01.06

外出制限中のパリから届いたメッセージ

フランスの限られたアーティスト6,000名が所属するAteliers d'Art de Franceの会員で、パリ在住の刺繍家Kyoko Création BRODERIE    杉浦今日子さんから届いたメッセージが心に響きました。多くの葛藤を経験された後の爽やかさを感じましたので、皆さんと共有したく抜粋します。☛全文 ☛YouTube
 
===
外出制限やロックダウンの状況の中で、
展示会やアートフェアは中止、または延期となり、
初めて作品を発表する機会が一度もない、という年を過ごしました。
 
そんな中、アトリエで刺繍をしながら
こんな時にアートや手仕事ができることはなんだろうと
考える機会を得たことは、とても貴重な経験だったと思います。
 
どんな状況の中でも淡々と、自分にできることを
細部にまで気を使いながらこなしていくこと。
 
大きく世界を変えることは小さなクリエイターにはできないけれど
アートや手仕事を愛する誰かのために、
私のしていることが少しでもお役にたてますように。
===
製品化が出色! パリ在住アーティスト
2021.01.05

製品化が出色! パリ在住アーティスト

Nathalie Lété(ナタリー・レテ)さんのイラストレーションからありとあらゆる製品が生み出されています。洋服から缶まで、特に身近な雑貨類が多く、どれも原画の魅力が伝わり製品自体もかわいい欲しくなるアイテムばかり。2018AWにはGUCCIとのコレボコレクションも。☛製品
 
漫画キャラクターとは思えないインテリア映え
2021.01.04

漫画キャラクターとは思えないインテリア映え

働き者の家政婦・猫村ねこさんの元気に生きる姿にじわりとする『きょうの猫村さん』がアメリカの刺繍テキスタイルブランド「CORAL & TUSK」にかかるとクラスアップされ素敵なインテリアにも馴染みます。ここまで仕上がる漫画キャラクターって他に無いですよね?

nekomura_.jpg

今年初めの展覧会に
2021.01.03

今年初めの展覧会に

表参道・根津美術館で1月9日(土)開催される「きらきらでん(螺鈿)日本以外でも韓国や東南アジアで見かける工芸品の螺鈿ですが、とりわけ精緻さを追求した日本の作品は出色です。新年はしっぽりと日本文化に触れるのも良いかもしれません。それよりも…美しい和風建築に浸り入場者専用のNEZUCAFEが年に一度のお楽しみ、これからスタートをきるぞ!という場所です。しばらく展示会には事前予約が必須ですね。

懐かしすぎるOSAMUさんとの再会
2021.01.02

懐かしすぎるOSAMUさんとの再会

わたしたちや少しお姉さん世代(現在50~60代前半かな)が熱狂した「OSAMU GOODS」アメリカを感じるポップなイラストがイケてました。日本の「かわいい」文化の原点とも。大規模な展示会が巡回中らしいです。懐かしいOSAMUに会えるオンラインショップも楽しいですよ。

☛「原田治 展 『かわいい』の発見」

新年あけましておめでとうございます
2021.01.01

新年あけましておめでとうございます

皆さまの更なるご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。

購買から体験への価値観の変化がますます加速する年になることでしょう。わくわく感、達成感、じわりと感じる幸福感、そんな事を感じていただけるような企画をご提供して参ります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

*片岡球子画伯「富士に花咲く」

2020年もありがとうございました。
2020.12.31

2020年もありがとうございました。

おかげさまで、今年もこの日を迎えることが出来ます。

ありがとうございます。

 

2020年一番耳にした言葉は「手仕事があって良かった」です。作家さん方、講師方の生徒さんから、色々な場面で聞きました。また「不要不急ではないのです」とおっしゃった講師の方がいました、非常に印象に残っています。

5年後? 10年後?この状況を振り返った時に心がザワつかないように、2021年も良き日を重ねていかれればと思います。

 

引き続きのご支援、ご協力をいただけますと嬉しいです。

良いお年をお迎え下さいませ。

2020年秒速で完売した講座
2020.12.30

2020年秒速で完売した講座

deuxR 渡部裕美さんのドライフラワーの三越カルチャーサロンの講座は毎回秒速で完売します。ありがたい限りです! 惜しみない多くの量と種類の材料を使い、少しだけ違うセンス、渡部さんの人柄が生み出す満席講座ですが、こちらも満席が満席を呼んでいます。上質な作品が多すぎる、そしてその情報にあふれていると思いませんか? 2021年はますます、ますます売る物ではなく売り方が大切になります。素晴らしい作品を作る作家さんばかり、それを一人でも多くの方に届くような売り方をお伝えしていかれればと考えています。

カテゴリーではないこれからの手芸
2020.12.29

カテゴリーではないこれからの手芸

ひと昔前は北欧刺繍、東欧刺繍、というようにカテゴリーから作り方や習える場所を探している方がほとんどでした。現在は「xxxさんの●●●」「この作品が習える講座」と名指しだったり作品指しだったりします。その最たるは御園二葉さんのハーダンガー刺繍です。奇をてらわず基本を美しく、そのイメージがご本人、御園さんに合致していることが人気の秘訣と感じています。また、満席が満席を呼ぶ、昔から言われている社会的証明が良く作用しています。みんながしている事は正しい、親近感を感じる方が指示していること、この時期でも欠席はしても退会はしない、非常にありがたい現象が続いています。

主役にならなくても多くの共感が得られる
2020.12.28

主役にならなくても多くの共感が得られる

野口光さんのダーニングが登場してから今年で3回目の冬、それはイコール野口さんが長年暮らした英国、南アから帰国された年になります。主役にはならない、作品作りではない繕いの技法ダーニングがここまで急速に浸透したのはなぜでしょう? まずは、幅広い年代の共感を得られたことです。電球で繕いをされていた懐かしさを感じる方に、「ダーニング」というネーミングと英国文化を全面に出した事で新しさを感じる方にと訴求したようです。そして、野口さんの講座プログラム、例えば、同じ技法でも刺す量、複雑さで入門者から経験者まで対応が出来ること、たくさんの技法がありニットだけではなく生地にも使えて次から次へと習得したくなるカリキュラムなどなど。お手本になる要素がたくさんある野口光さんのダーニングです。

クラフトの花作りは定番人気・作り方動画ご紹介
2020.12.27

クラフトの花作りは定番人気・作り方動画ご紹介

クラフトの大きなテーマのひとつに、花をいかに本物のように美しく作るか、があると思います。樹脂粘土、生地、ペーパーなどなどを使い工夫と創造性で生み出されていますね。ワイヤー入りリボンを使ってふんわりとしたバラを作るリボンクラフトの花、その中でも一番人気の「巻きローズ」の作り方動画をご紹介します。☛YouTube
トレンドモチーフを取り入れて
2020.12.26

トレンドモチーフを取り入れて

2020のトレンドモチーフは”宇宙”だそうです。洋服やアクセサリーに、ロケット、惑星、星座、月、星などなど、そういえば良く見掛けました。ニットやパーカー、トートバッグにアイロン接着できるラメ刺繍のワッペンがかわいいです。約5センチのかなり存在感のある大きさ。作家さんご用達オンラインショップでお取扱い中です。☛ROSE ROSA
まだまだ知らない手工芸品がありますね
2020.12.25

まだまだ知らない手工芸品がありますね

世界に誇る日本の刃物、針。金沢にも創業440年の針製造販売をされている「目細八郎兵衛商店」さんがあります。絹針の目穴・目度を試行錯誤し糸の通しやすい良質な針を作り加賀藩主から命名された「めぼそ針」。針先にこだわり、職人技が光る傾斜と研磨で布通りの良い針になっているそうです。縫い針、まち針、かわいいケースのセット、どれも欲しくなりますよ。

フォルムから入るニット本
2020.12.24

フォルムから入るニット本

おもしろい! 著者が作家さんではなくデザイナーさんだからでしょうか? 様々なフォルムのニットの作り方が掲載されています。素材の柔軟さで体に馴染むけれどシルエットを拾わない嬉しい作品が掲載されています。『かたちのニット』濱田明日香さん著